クーベルチュールチョコレートとは?ガーナや市販の板チョコとの違いについて

スポンサードリンク


お菓子作りをする際、チョコレートを溶かして固める‥といった工程のものだと、なんとなく初心者向けで手をつけやすいと感じますよね。

しかし、そんな時に使用するチョコレート。
しっかり選んで購入していますか?

null


私は学生の頃はよく、その時に安くなっている板チョコを購入して割って溶かしていましたが、「クーベルチュールチョコレート」というチョコレートが、お菓子作りの成功の鍵を握っているのです。

これからのお菓子作りのために、そのクーベルチュールチョコレートというのを紹介していきます。




スポンサードリンク






クーベルチュールチョコレート


「クーベルチュール」という言葉はフランス語から来ているものです。

フランス語では”couverture(クヴェルチュール)”と記され、couvertureは毛布や覆われたといった意味を持ちます。

つまり、「覆うためのチョコレート」と直訳する事ができ、普通のチョコレートに比べチョコレートなどを覆うのに適しているため、
「クーベルチュール」という名前になっているのです。

クーベルチュールチョコレートは、世界各地のカカオ豆を厳選して作られた、風味豊かな最高級の製菓用チョコレート。

チョコレートスイーツやケーキなど、さまざまなチョコレートベースのお菓子の材料として人気です。

日本では「製菓用のチョコレート」という意味合いでクーベルチュールチョコレートという言葉が使われることもありますが、海外でクーベルチュールチョコレートと表示するには、以下のようにきちんとした規定があります。

  • 総カカオ固形分35%

  • カカオバター31%以上

  • 無脂カカオ固形2.5%以上

  • カカオバター以外の代用油脂は使用不可
ももんが
ももんが
この厳格な国際規格をクリアしたものだけが、クーベルチュールチョコレートと名乗ることができるのです。


まさに、最高級な製菓用チョコレートと言えるでしょう。



スポンサードリンク





ガーナや市販の板チョコとの違い


クーベルチュールチョコレートは製菓用ですので、お菓子作りに適したチョコレートであり、普通の板チョコレートはそのまま食べるのに適したチョコレートです。

そもそも目的が違う、ということになりますね。

コンビニなどで売られている一般的な板状のミルクチョコレートには、風味や甘さを加えるために、砂糖・全粉乳・植物油脂・乳化剤・香料といったように、カカオ以外の材料が多く含まれています。
女性
女性
「分かりやすい甘さ」になっているのですね。


特にガーナの板チョコは甘さが強いと話題のようなので、甘いものが食べたい時にそのまま食べる、ということに向いています。

カカオの味わいやチョコレートそのものの味を楽しめるのは、クーベルチュールチョコレートだと言えるのではないでしょうか。

Sponsored Link



製菓用途の違い


先ほどもお伝えした通り、クーベルチュールチョコレートは製菓に適するように開発された、製菓用チョコレートです。

手作りすることを想定して作られているので、不純物が入っていることが少なくて後から調整が効きやすく、お菓子作りの際にも失敗しにくいです。

扱いやすいチョコレートだと言えるでしょう。

板チョコだとレシピによってはうまくいかないものがあるのです。

よくあるのはチョコレートが固まらない、という失敗です。

例としては、カップチョコ、生チョコレート、トリュフなどが挙げられます。

板チョコだと、チョコ以外の成分が元々多く溶けているため、生チョコなどで生クリームを混ぜるとチョコが固まる限界を超えて多くのものを溶かした状態になってしまうことが原因です。

また、板チョコを使うと「とにかく甘い!」という味にもなりやすいです。

お菓子作りに使う用のおすすめクーベルチュールチョコレートについては、こちらの記事でランキングにまとめましたので参考にしてください。

>> クーベルチュールチョコレートおすすめランキングベスト5

代用は可能なのか


結論から言えば、代用できないことはありません。

しかし、チョコがメインになってくるレシピであればあるほど注意が必要となります。

スーパーの板チョコの方が製菓用チョコレートに比べ、本来のチョコレートとしての質は劣りますが、代用が不可能ではない、ということです。

チョコレートがメインのお菓子を作る場合、チョコが全体の味を左右するので、製菓用
チョコを使用した方が無難になります。

ですが、もしも板チョコを使用してお菓子を作るのであれば、下記のような点に注意してみてください。

  • 市販の板チョコはミルクではなく、ビター味もしくはブラックチョコレートを選ぶ。

  • チョコが固まらない事態を想定し、必ず練習をする
  • 女性
    女性
    何事も事前練習は大切ですよね


    本番に使用する予定のチョコレートで実際に作ってみて、仕上がりを確認して見ることをおすすめします。

    Sponsored Link



    チョコレートお菓子作りのための知識として、お役に立てましたか?

    せっかくなら少しでも美味しいお菓子を作りたい!という気持ちは誰でも同じだと思います。

    チョコレートを使い分けるだけで味を変えることができるのであれば、すぐにでも試してみたいものです。

    クーベルチュールチョコレートは大きなスーパーや百貨店で購入ができますので、ぜひ次のお菓子作りに使用してみてくださいね♪

    今回の記事は以上になります。
    参考になりましたら幸いです(*^_^*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ