片栗粉のカロリーは大さじ1でどれくらい?小麦粉と片栗粉はどっちが太る?

スポンサードリンク


揚げ物の衣やとろみをつけるのに使う片栗粉

料理の時に何げなく使っていますが、
カロリーについてはどれくらいの量なのでしょうか。

似ている粉物の食材に小麦粉がありますよね。

例えば、小麦粉と片栗粉はどっちのほうが
カロリーが高く太りやすいのでしょうか。

null

カロリーの他にも糖質の量なども気になりますよね。

と、いうことで!

今回は、小麦粉と片栗粉のカロリー量や、
含まれる糖質量の違いについてまとめました。

ダイエット中の場合はいったいどちらの方を
メインに使った方がいいのか。

それではさっそくみていきましょう!


スポンサードリンク




片栗粉のカロリー


まずは、片栗粉のカロリーについて見てみましょう。

片栗粉は、「馬鈴薯(じゃがいも)」を原料として作られています。

片栗粉のカロリーは、大さじ1で33kcal、小さじ1で10kcal、100gでは330kcalとなっています。

片栗粉のカロリー量

  • 大さじ1:33kcal
  • 小さじ1:10kcal
  • 100g:330kcal


  • 片栗粉って、少量だとそれほど気になりませんが、
    大量に摂取すると、意外に高カロリーなんですね…。

    我が家では、から揚げを作る時によく片栗粉を使用しているので、
    ちょっとカロリーの高さが気になってしまいました。

    片栗粉を使用する時にはよく粉を落として
    つけ過ぎには注意をしたほうが良さそうです。

    粉のつけ過ぎは油を多く吸ってしまい、
    高カロリーの原因になります。

    なのでダイエット中は特に気を付けたいところですね。


    スポンサードリンク




    小麦粉のと比べると?


    次に片栗粉と似た「小麦粉」について、
    カロリーや糖質をチェックしてみましょう。

    小麦粉のカロリーは、100gあたり368kcal。

    カロリーの面では、片栗粉よりも小麦粉の方が高いようですね。

    null

    一方、

    小麦粉は糖質が高い事でも有名ですが、
    実際には小麦粉よりも片栗粉の方が糖質が高いです。

    小麦粉は100gあたり72g程度の糖質が含まれていますが、
    片栗粉は100gあたり81gの糖質が含まれているそうです。

    そのため、糖質制限をしている場合は、
    小麦粉だけではなく片栗粉にも注意をする必要がありそうです。

    糖質は片栗粉の原料となる「じゃがいも」に多く含まれています。

    なのでじゃがいもから作られている片栗粉も
    糖質が高くなってしまうのはいた仕方ないところ。

    ヘルシーだと思われている「全粒粉」でも100gあたり57gあるため、
    粉物は全体的に糖質が多いと言えそうです。

    • 小麦粉の糖質量:72g (100gあたり)
    • 片栗粉の糖質量:81g (100gあたり)
    • 全粒粉の糖質量:57g (100gあたり)

    また、小麦粉は昔から

    発がん性リスクが高い食べ物

    と指摘されており栄養士の幕内秀夫氏の著書

    乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

    が話題になったこともあります。

    いろいろな主張があってむつかしいところではありますが、
    健康面から見ても小麦粉の食べ過ぎは注意が必要なようです。

    Sponsored Link


    ダイエットを意識した使い分けとは?


    次に、ダイエットをする時の

    片栗粉と小麦粉の使い分け

    についてご紹介したいと思います。

    基本的にダイエットには、
    小麦粉よりも「片栗粉」の方がおすすめです。

    片栗粉には、小麦粉よりも糖質が多く含まれていますが、
    お料理に少量しか使用されないため大量摂取の心配がありません。

    一方の小麦粉は、

  • うどん
  • パスタ
  • ラーメン
  • お好み焼き
  • パン

  • など、日本人が毎日主食として食べている食品に
    多く含まれているため、
    大量に摂取してしまう可能性が高いです。

    そのため、ダイエットや糖質制限をするのであれば、
    小麦粉を避けた方が高い効果が期待できそうです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は片栗粉と小麦粉のカロリーの違いや、
    糖質量について紹介しました。

    片栗粉をつけた方がお肉が柔らかく仕上がったり、
    とろみがついて食べやすくなります。

    しかし、その分使用量には気を付けないと、
    高カロリーになってしまうので注意が必要だとわかりました。

    糖質を多く含むじゃがいもから作られている
    片栗粉は糖質が高いこともわかりました。

    ですが、実際には調理の時に少量しか使用されないので、
    それほど心配する必要はなさそうです。

    糖質制限やダイエットには、
    やはり「小麦粉」を制限するほうがベターです。

    また、じゃがいものでんぷんから出来ている片栗粉は、

    小麦アレルギー

    がある場合は小麦粉の代替食品として食べることもできます。

    片栗粉も小麦粉も同じような使い方ができるので、
    小麦にアレルギーがある人は片栗粉を積極的に使うようにしましょう

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ