痛くないパンプスと言えばコレ!2万円以内で履きやすいと人気のブランドは?

スポンサードリンク


おしゃれアイテムとしてかかせないパンプス
働く女性にとっても必須です。

高いヒールのパンプスを履くと足が長く見えますし、大人の女性らしさが出せるので人気ですね。

ですが、ヒールの高い靴は

「足がむくんでしまう(;´д`)」

「長い距離を歩くと足が痛い(>_<)」

と思っている人が多いのではないでしょうか?

パンプスは痛いものだと諦めて履いていたら、外反母趾になってしまったり、
腰を痛めてしまったりと身体に大きな影響が出てしまいます。

null

そこで、今回は足が痛くならないパンプスの選び方と人気のブランドをご紹介していきます!



スポンサードリンク




パンプスの選び方


まず、正しく足に合ったパンプスを選びましょう。

null

サイズが合っていない場合、負担がかかって痛くなってしまいます。

大きいと足が前滑りして、マメやタコができやすくなったり、
脱げないように力を入れるので、ハンマートゥ外反母趾
などという親指の変形などになってしまいます。

足に合うパンプスは
  • 足の幅が合っていること

  • かかとの深さがぴったり合っていること

  • 足と靴のフィット感があること

  • つま先にやや余裕があること

  • が大切です。

    また、人間のつま先は3つのタイプに分かれています。
    タイプ別につま先のデザインを選ぶとサイズが合いやすいです。

    エジプト型

    親指が長いタイプ。
    日本人の70%がこの形です。

    オススメの形

  • オーブリクトゥ

    親指から小指へカーブを描くような形のもの

  • ラウンドトゥ

    つま先が丸くなった形のもの


  • ギリシャ型

    人差し指が長いタイプ。
    日本人の20%がこの形に当てはまります。

    オススメの形

  • ポインテッドトゥ

    つま先の先端がとがってポイントになったもの

  • アーモンドトゥ

    アーモンドの先のような形のもの

  • ローマ型

    指の長さがだいたい同じくらいのタイプ。
    日本では5%程度しかいない、あまりないタイプです。

    オススメの形

  • スクウェアトゥ

    つま先部分が四角くなったもの

  • つま先の形に合ったパンプスを選ぶと痛くなりにくいので、
    自分の足の形を確認しておくといいですよ!



    スポンサードリンク




    痛くなりにくいパンプスを見つける方法とは?


    さらに、痛くなりにくいパンプスを見つける方法もあるので覚えておきましょう。

    かかとを包む部分が硬い

    かかとを包む部分である「三角ゾーン」がしっかりと支えてくれるものを選びましょう。

    また、素材が柔らかすぎたり、硬すぎたりしていないかも確認します。
    かかと部分の素材がしっかりしていないと、脱げやすく、靴擦れを起こしてしまいます。

    かかとの外側が支えられている

    身体の体重移動がスムーズに行われるためには、足の外側に体重が流れにくいデザインであることも重要です。

    くるぶしの真下あたりの幅が、人差し指の付け根から第一関節くらいまでの幅があるといいでしょう。
    また、カウンターという芯生地が側面に入れられていますが、それも長めの方が安定性が増します。

    シャンクが硬いもの

    シャンクと呼ばれるパンプスの背骨部分が硬いことが大切です。

      シャンクとは

      シャンクは土踏まず部分に埋め込まれている金属の板です。
      ここがしっかりとしていないと、足に負担がかかってしまいます。

    シャンクが硬いかどうかを見るには、靴をぞうきんを絞るようにねじってみましょう。
    シャンクが硬いとねじれません。

    ヒールは太目で硬いもの

    ヒールは太いほど安定します。

    履いてみた時に、左右にぶれないことと、かかとの中心に重心が載った感覚があるか確かめましょう。

    チャンキーヒールが流行っているので、太目でオススメです。
    ピンヒールのように細いヒールの場合でも、なるべく左右の幅の広めのものを選びましょう。

    靴底の前3分の1が柔らかいもの

    靴底の前部分、3分の1くらいの場所は、硬すぎず柔らかいと歩きやすいです。
    ここで曲がらないと、足指を使って地面をけって正しく歩くことができません。

    また、底がつるつると滑りにくい素材であることもチェックするといいでしょう。

    さらに履き心地をよくするには

    さらに履き心地をよくするために、アイテムを使用したり、
    デザインに気を付けてみましょう。

  • 中敷きをプラスする

    クッション性のある中敷きは、100均などでもたくさん売られていますね。

    サイズ調整として使うのは避けた方がいいです。
    ストッキングの時のすべり止めや、地面からの衝撃を吸収して痛みを防ぐために使いましょう。

  • ヒールは6cmまでが痛くならない

    高いヒールはシルエットも綺麗に見えるので、好んで履く人が多いと思います。

    しかし、傾斜が急だとつま先に体重がかかり、足が痛くなってしまいます。
    3~6cmのヒールがベストです。

  • ストラップがついている

    パンプスが歩きにくいと感じる一因として、甲が覆われていないことがあげられます。

    足首付近の甲を押さえるストラップは、足とパンプスを一体化させて、パンプスを歩きやすくサポートしてくれます。

  • ヒールの高さやストラップは好みと合わないこともありますので、
    パンプス選びの時に念頭に入れておく程度でいいですよ!

    パンプスはいつ買うのがオススメ?

    パンプスを購入する時は、足ばむくんでいる夕方に試し履きして購入するのがベストです。

    その他に

  • 両足で履いて歩いてみること
  • 足が前滑りせず、フィット感があること
  • かかとに隙間が空いていないこと
  • 足が左右にぶれないこと

  • を確認しましょう。

    Sponsored Link


    人気のブランド3選!


    痛くなりにくいパンプスの人気ブランドを3つご紹介いたします。
    参考にしてみてくださいね!

    アシックス GIRO

    スポーツメーカーとして有名なアシックスから販売されている、働く女性用のウォーキングシューズです。



    人気のポイントは

  • ヒールの高さによって変化する高機能中敷きが搭載されているため、フィット性と衝撃防止力が高い

  • 滑りにくい内張素材で前滑り防止

  • 足の動きに合わせて足底前側がしなるため走れる

  • 価格帯は19000円前後です。
    セールの時期などを狙うともっとお手頃に購入できますね。


    こちらは足首付近をしっかり支えるストラップ付のパンプスです。
    ヒールは6.5cmと高めですが、太くて安定しています。

    GIROは、デザインや色展開も豊富なのでカジュアル使いにもオススメです。

    ワコール success walk

    下着メーカーとして有名なワコールが、人間工学に基づいて「走れるパンプス」を作ったのがsuccess walkです。

    人気のぽいんんとは

  • かかとの骨の真下にヒールがあるので、安定感がある

  • 3Dインソールで前滑りしにくい

  • 甲の内側が厚めなので足指が痛くなりにくい

  • ヒールの向きが正面を向いているので歩きやすい

  • ヒールがふらつかないかっとリフト仕様

  • また、サイズ展開も幅広く、足囲はC・D・E・EE・EEEまで展開されています。
    細身の人にも幅広の人にも頼れるパンプスですね。

    価格帯は19000円前後です。


    composition9

    足に優しいコンフォートシューズを販売している定番ブランドの1つであるcomposition9のパンプスです。

  • Form「形・形状」

  • Function「機能性」

  • Style「姿」

  • Comfortable「快適さ」

  • Quality「質」

  • Modernism「現代的な」

  • Traditional「伝統」

  • Art「芸術」

  • Sport「運動」

  • の9つの要素で構成された靴というコンセプトから名付けられた人気の靴ブランド。

    その人気のポイントは

  • 低汎発性の中敷きクッションで疲れない

  • 一枚革とシャーリング加工によって足にフィット

  • 世界的に有名なビブラム社との共同開発によるオリジナルソールで疲れにくい

  • シューフィッターさんもオススメのブランドです。
    価格帯は8000~17000円前後となっています。


    ウェッジソールで安定感があるパンプス。
    エナメルとビジューの飾りがとても華やかでおしゃれです。

    Sponsored Link


    まとめ


    女性には欠かせないおしゃれアイテムであるパンプス。
    痛くならないパンプスを見つけるためには、先に自分の足の形をよく知ること。

    そして、今回ご紹介したポイントに合ったものを選びましょう。

    null

    自分ではなかなかサイズ合わせが難しいという人は、シューフィッターさんのいるお店でまずはサイズを確認するのもオススメです。

    また、最近では通販でも試着ができたり、返品が可能だったりとサービスが充実しています。
    上手に利用して、痛くない快適なパンプスを見つけましょう♪

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ