ヘアバンド用に髪型をアレンジ!ミディアムやロングで出来る簡単なアレンジ方法はコレ!

スポンサードリンク


つけるだけでたちまちおしゃれに見えるヘアバンド!

ヘアバンドは、つけるだけで
膨らんだ髪をまとめられる
伸ばしかけの前髪を抑えられる

その上、頭にポイントを持ってくることで、スタイルアップ効果も(´▽`*)

服では派手かも?と思える柄や色だってとりいれられちゃう!
と、とっても便利なアイテムです。

今回は、そんなヘアバンドをもっとおしゃれにつかいこなす
簡単でおしゃれなヘアアレンジをご紹介します。



スポンサードリンク




ショートヘアのアレンジ


ショートヘアは、あまりアレンジできない・・・

なんて思っていませんか?
ヘアバンドなら、アップ風にすることもできるんです。

  • 前髪をきっちりおろすとクラシカルな印象

  • 前髪やえりあしをヘアバンドに入れ込むと、大人っぽいすっきりアップ風に。

  • トップを巻いてボリュームを持たせてレトロアレンジ

  • 毛先を散らすとカジュアルでキュートなアレンジ


  • 少し長めのショートヘアなら、えりあしの髪を少し結んでもかわいいです!
    ヘアバンドなしだと、サイドの髪がバラバラと落ちてしまいそうですが、
    ヘアバンドのおかげですっきりとまとめられます。

    null

    また、ショートボブなら落とした髪をふんわり巻いてゆるふわアレンジも楽しめます。

    ショートヘアの人にオススメなのは

  • 太くて存在感のあるヘアバンド

  • 細くて華奢な作りのヘアバンド
  • です。

    太いヘアバンドは、個性的でおしゃれ度がグッと上がります。
    ぜひ挑戦してみてくださいね。



    スポンサードリンク




    ミディアムヘアのアレンジ


    肩くらいまでの長さのミディアムヘアの場合、ただヘアバンドをつけるだけ
    とってもかわいいんです!
    髪の長さとのバランスが取れやすいのかもしれませんね。

    でもせっかくなので、アレンジをご紹介します。

  • 1つ結びにヘアバンド。

  • 2つ結びにヘアバンド。

  • ハーフアップにヘアバンド。

  • くるりんぱをしたり、編み込んでもいいですが、
    ただシンプルに結んだだけでもかわいくなれるのがミディアムヘアの強みですね。

    null

    さらに長さに関係なく言えることですが、

  • 前髪の上げ下げでもグッと印象がかわる

  • おくれ毛を出すか出さないかでも印象がかわる

  • 髪を巻くか巻かないかでも印象がかわる

  • これだけでもイメージがかえられます。
    さらに、ヘアバンド自体の太さや素材、色柄でも全く変わってきます。

    アップヘアにするには、少し長さが足りない・・なんてミディアムボブにはありがちですが、
    ヘアバンドでおさえてあげれば、ピンだらけにすることもなくまとめられます。

    Sponsored Link


    ロングヘアのアレンジ


    色んなヘアアレンジが楽しめるロングヘアは、ヘアバンドを使えば色々なアレンジが可能ですね。

    人気があるのはお団子にヘアバンドのスタイル。

    null

    高い位置だとガーリーに見えますし、スタイルアップの効果もあります。
    低い位置のお団子だと、こなれ感が出せます。

    ランダムに巻いておいて、ふんわり無造作感を出すとよりおしゃれに見えますよ。

    長めのミディアムヘアからロングヘアの人が挑戦できるアレンジといえば、
    ギブソンタックアレンジです。

      ギブソンタックとは

      「タック」とは折り込むという意味があり、髪を折り込んで作られるヘアスタイルのことです。
      アメリカのイラストレーター、チャールズ・ダナ・ギブソンの作品である
      「ギブソン・ガール」というイラストのヘアスタイルが由来となっています。

    ヘアバンドを髪の上から押さえるようにつけたら、少量ずつヘアバンドに入れ込むだけ!
    出来上がりから想像つかないほど、簡単にできますよ。

    わかりやすい動画がありましたので参考にしてみてくださいね。



    慣れてきたら、さらにアレンジを加えたギブソンタックにも挑戦してみてください!

  • おくれ毛を落とす

  • 一部を三つ編みにする

  • サイドをねじり上げる

  • 先にハーフアップでくるりんぱをしておく

  • ちょっとしたアレンジを加えるだけで、すごく凝ったアレンジに見えます!
    少し崩してもおしゃれですし、きれいにまとめ上げても知的に決まります。

    これはあまり太くないヘアバンドの方が向いているアレンジですね。

  • シンプルなヘアバンド
  • レースや金属でできた華奢なヘアバンド

  • などを合わせると
    よりステキになりそうです。

    また、ヘアバンドを付けてから毛先近くをゴムで結び、内側に巻き込めば
    なんちゃってボブスタイルのできあがりです。
    とっても髪の長い人は、毛先だけ三つ編みに。
    量の多い人は2~3つに分けて結ぶといいですよ。

    無造作アレンジの基本ともいえる「くるりんぱ」も、
    ヘアバンドと組み合わせるとまたおしゃれ度があがります。

    くるりんぱの正しいやり方を確認しておきましょう!

    1. ゆるめに結ぶ

    2. 結び目の上の方を真ん中から割る

    3. 割った隙間に毛束を上から通す

    4. 毛束を下から引き出す

    5. 結び目をきつくしめてゴムを隠すように上部を少し崩す

    これが基本のやり方です。
    毛束を下から上に通す「逆りんぱ」も人気ですね。

  • ハーフアップでくるりんぱ

  • ひとつにまとめてくるりんぱ

  • くるりんぱをしてから編み込み

  • くるりんぱをしてからお団子

  • くるりんぱをしてからサイドアップ

  • などなど、組み合わせでアレンジが無限大に広がりますね!

    最近は、髪を巻いて、少しゆるめにまとめるアレンジが主流ですが、
    鏡とにらめっこしつつ自分に一番似合うアレンジを見つけてくださいね。

    Sponsored Link


    まとめ


    おしゃれさん必須アイテムであるヘアバンドを使った、ヘアアレンジをご紹介しました。
    短くても長くても、色々なアレンジが楽しめますね。

    売られているモノにも様々な種類がありますが、手作りをすればもっと好みのものが作れます。
    また、バンダナスカーフを使ってヘアバンド風のスタイルもできます。

    1度つけると、その使いやすさとおしゃれ感にとりこになってしまうヘアバンド。
    とっても合わせやすいので、気軽にファッションに取り入れて楽しんでみてください!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ