子供が絶対喜ぶ!うさ耳リボンヘアバンドの作り方

スポンサードリンク


ぴょこんとうさぎの耳のように見えるリボンがかわいいヘアバンド!
女の子なら絶対大好きな形です。

null

雑貨屋さんでよく見かけるうさ耳リボンのヘアバンドですが、
なかなかお値段がして驚いたことはありませんか?

せっかくの子供の期待の目に負けて買ったはいいけど、

「いくつもなんて買えない!」

と思っている人に、お知らせです♪

「うさ耳リボンのヘアバンド、ハンドメイドできますよ~!!」( *´艸`)

ワイヤーを入れるものは、少し大変かもしれませんが、
お店で買う半分以下の材料費で出来上がります!

しかも、子供の大好きな色や柄でつくってあげられるんですから魅力ですよね。

今回はそんなうさ耳リボンヘアバンドの作り方をご紹介します。



スポンサードリンク




うさ耳リボンヘアバンドを作る材料を準備しよう


用意するもの

  • 20cm×65cmの生地(ヘアバンド部分)

  • 20cm×5cmの生地(リボン部分)

  • 平ゴム 20cm

  • アイロン

  • ミシン

  • ゴム通し

  • 洗濯ばさみ

  • 出来上がりサイズは長さ46cmになりますが、子供の頭に合わせて微調整してください。
    次にリボン部分を準備しておきましょう。

    リボン部分の準備

  • 布の型紙を作ってからカットします。

  • 20cm×5cmの型紙を用意し、4つ折りにして、下の画像のような形になるようカットします。

  • 型紙に合わせてリボン部分用の生地をカットして2枚用意します。

  • 型紙はフリーハンドでこんな形にしてください。

    null

    結びやすいよう、真ん中を1.5cm角で細くしていますが、お好みで変えてください。
    そのままの太さでもバンダナ風の仕上がりになります。

    ヘアバンド本体部分の作り方

    それでは早速作り方を見てみましょう!

    作り方

    1. 本体部分の生地を中表に半分に折り、20cm部分をミシンで縫います。

    2. 縫い目を割って真ん中にし、下側にします。

    3. 上の生地を中心にまとめて下の生地を縫い合わせ、生地を引っ張り出しながら縫っていきます。

    4. 返し口5cmを残して縫い留め、返し口から中にある布を引っ張り出して表に返します。

    5. 返し口はあけたまま、三つ折りにし、最初の縫い目から20cmまでを縫い留めます。
    6. ゴムをゴム通しで入れます。

    7. ゴムを通したら両端を布ごと縫い留めたら本体部分の完成です。

    ゴムを通す時は、抜けないよう洗濯ばさみなどで引っかかりを作るといいですよ。

    本体部分のわかりやすい動画です!



    とっても説明が上手なので、ぜひ見てみてくださいね。

    うさ耳リボン部分を作ってみよう

    次は本体に結ぶリボン部分を作ってみましょう。

    リボン部分の作り方

    1. カットした2枚の布を中表にして、周りを縫います。

    2. 返し口を5cmほど残したら、そこから表に返します。

    3. 形を整えたら返し口を縫い閉じてリボン部分の完成です。

    本体部分に結び付けたらうさ耳リボンヘアバンドのできあがりです!
    リボンを真ん中にむすぶか、サイドに結ぶかでもアレンジができますね。

    リボン部分のわかりやすい動画です。



    リボンの大きさを変えたり、先を丸くしたり、角ばらせてもかわいくしあがります。

    リボン部分にワイヤーを入れたバージョン

    よりうさ耳っぽくさせられる、ワイヤーを入れたバージョンもご紹介しますね。

    用意するもの

  • アルミワイヤーまたはテクノロート 25cmくらい

  • ニッパー

  • ペンチ

  • ニッパーやペンチは100均などで手に入りますが、
    手芸屋さんのビーズ用が小さめで先が細く、扱いやすいです。
    お好みで使ってみてくださいね。

    作り方

  • リボン部分の作り方1~2まで同じです。

  • 返し口から両端を折り返したワイヤーを入れます。

  • リボン部分の作り方3に戻り、ヘアバンド本体に結び付けたら完成です。

  • 両端を折り曲げずに使うと、ワイヤーのとがった部分が布から突き出る可能性があり危険です。
    必ず端は折り曲げてください。


    また、あまり何度も結び直しをしていると、アルミワイヤーの場合、
    中で折れてしまうことがあります。

    少し材料費はかかりますが、テクノロートだと折れにくく、長く使うにはオススメです。

    Sponsored Link


    おまけ:うさ耳リボンカチューシャ(ワイヤー入り)の作り方


    うさ耳部分にワイヤーを入れて、残ってしまったらもったいないですね。
    せっかくなので、ワイヤーを使ったうさ耳リボンカチューシャの作り方もご紹介しておきますね!

    用意するもの

  • 生地 85cm×16cm

  • ワイヤー 80cm前後

  • では、作り方を見てみましょう。

    作り方

    1. 生地の先端をカットします。

    2. うさ耳リボン部分の型紙に似た先細りの形や、リボンを斜めにカットしたような三角形など。

    3. 中表に2つに折り、わの部分と返し口5cmを残してぐるりと縫います。

    4. 返し口から表に返し、形を整えます。

    5. 両端を折り返して危なくないようにしたワイヤーを、返し口から入れます。

    6. 返し口をなるべく真ん中部分にしておくと、ワイヤーを入れる時にVのような形にして一気に入れられます。

    7. 返し口を閉じて完成です。

    ゴムを入れない分、手間が少ないのでヘアバンドよりも簡単です!

    null

    つける時は頭のサイズに合わせて上でねじり留めたり結んだりとアレンジしてくださいね。

    Sponsored Link


    まとめ


    女の子なら絶対喜ぶ、かわいいうさ耳リボンヘアバンドの作り方をご紹介しました。
    100均のワイヤーなどを使えば、費用もかからず作れますね。

    シンプルな柄だけじゃなく、キャラクター柄などポップな生地で作ってもおもしろいです。
    リボン部分を別生地で作る方法なので、リボン部分だけ生地を変えてもいいですね。

    シンプルな生地で作って、大人がつけてももちろんかわいらしくなりますよ!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ