控えめな可愛さで人気!シンプルリボンヘアバンドの作り方

スポンサードリンク


近頃のおしゃれさんは、みんなヘアバンドをしていますね!

null

「この色好みだけど、幅がなぁ・・・」

なんて、雑貨屋さんやおしゃれなブランドで売られているもの見てためいきをついていませんか?
幅広が似合う人もいれば、細めが似合う人もいます。

ハンドメイドなら、好きな色・柄・幅で作れちゃうんです( *´艸`)

シンプルでありながら、リボンの形を楽しめる、控えめな女の子らしさが人気のシンプルリボンヘアバンド
市販のカットクロスで、簡単に作れてしまいます。

今回は、そんなシンプルリボンヘアバンドの作り方をご紹介していきます。



スポンサードリンク




シンプルリボンヘアバンドを作る準備


まずは、材料を準備しましょう!

用意するもの

  • 好みの布 50×50cmくらい

  • ヘアバンド部分 20×44cm
    できあがり幅8cmになります。
    ゴム通し部分 12×20~40cm
    長ければ長いほどくしゅくしゅになります。
    リボンの真ん中部分 12×12cmくらい

  • 織ゴム 3cm幅前後・長さ15cm程度

  • 裁縫道具

  • ミシン

  • アイロン

  • 50×50cmくらいで、100均や手芸屋さんなどでカットクロスが売られています。

    null

    ヘアバンド作りにはちょうど使いやすいですよ。

    ただし、幅広ヘアバンドや、ツイストヘアバンドを作るには足りませんので注意してくださいね。

    出来上がりサイズは、頭のサイズ53cm前後になります。

    子供用にする場合など、ゴムの長さや本体の長さを調節してください。
    また、ヘアバンド本体の幅が広めの方が良い場合は、20cmより大きめにとってください。



    スポンサードリンク




    シンプルリボンヘアバンドの作り方


    シンプルリボンヘアバンドは、
  • 本体部分
  • ゴム通し部分
  • リボンの真ん中部分
  • の3つのパーツからできています。

    早速作り方を見てみましょう。

    リボンの真ん中部分を作ってみよう

    まず、リボンの真ん中部分を作ります。

    1. 長い部分を中表に折り、端を縫います。

    2. 輪になった状態で下から上に折り上げ、返し口を残して縫います。

    3. 返し口から表に返してリボンの真ん中部分ができあがりです。

    返し口はコの字縫いでまつって、縫い目が中側になるように整えます。
    普通のヘアバンドは、このパーツを作らず、作業も抜くと作れますよ~

    ヘアバンド本体とゴム通し部分にとりかかろう!

    次はヘアバンド本体とゴム通し部分を作ります。

    1. ヘアバンド部分の短い方(20cmの方)を、中表にして半分に折ります。

    2. 縫い代1cmとして、長い部分をまっすぐに縫います。

    3. 縫い目を真ん中にずらし、縫い代を割ってアイロンをかけます。

    4. 表に返します。

    5. 同じ手順でゴムを通す部分を作ります。

    6. 中表に折って端を縫う→縫い代を割る→表に返す

    さほど難しい作業はありませんね!

    縫い代を割ってアイロンをかける作業は面倒に感じるかもしれません。
    でも、これをするからキレイに表に返せるので、急がば回れですね。

    本体をリボンの形にしよう

    パーツができたら、本体をリボンの形にしていきます。
    丁寧にすると仕上がりがキレイですよ。

    1. 本体部分の中心を、リボンの形に見えるように糸で軽く結びます。

    2. リボンの真ん中部分の輪に、本体を通して糸で軽く結んだ部分を隠します。

    3. 軽く縫い留めて固定します。

    横長のリボンのようになりました~(*´▽`*)
    なんだか完成が見えてきましたね。

    もしもサイドリボンのように~などとアレンジがしたい場合は、
    糸で結ぶ作業と縫い留める作業をしないでおくと可動式になりますよ。

    ゴムと本体を縫い付けて完成させよう

    いよいよ最後の工程です。
    あと一息です!

    1. 本体部分の両脇を5cm(ゴム通し部分に入るくらい)のじゃばらにたたんでしつけ縫いします。

    2. 布の中心に寄せていくと仕上がりがキレイになります。

    3. ゴム通し部分にゴムを通し、ゴムのみを本体に1.5cm重ねて縫い付けます。

    4. ゴム通し部分はギャザーを寄せて真ん中にキープします。

    5. ゴムを縫い付けた部分が隠れるようにゴム通し部分をかぶせて端を縫います。

    6. コの字縫いでまつると縫い目が見えません。

    7. 両側とも隠せたら完成です。

    多少手順は多いですが、直線縫いだけでできますし、思ったより簡単ですよね!

    null

    真ん中部分の布だけ違う布にしたり、レースにしたり、
    ちょっとしたアレンジでもイメージが変えられます。

    チャームなどを縫い付けてもかわいいですよ!
    少しドレッシーに仕上げたい場合は、ビーズを縫い付けてデコするのもオススメです。

    Sponsored Link


    手作りヘアバンドにおすすめの布


    ヘアバンドは、くしゅくしゅとした雰囲気が出た方が自然でかわいく、頭にもフィットします。

    おすすめは薄手で柔らかい手触りの布です。

  • ローン生地

  • オックス生地

  • コットン

  • コットンリネン

  • リネン

  • ダブルガーゼ

  • などから選ぶといいでしょう。

    秋冬らしさなどを出したい場合は、

  • ベロア

  • ファー

  • ツイード

  • などが季節感を出すことができます。
    ただし、くしゅくしゅとして頭にフィットはしにくいので、
    出来上がり幅はあまり広くない方がいいでしょう。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は、控えめで使いやすい、シンプルリボンヘアバンドの作り方をご紹介しました。

    自分のワードローブに合わせた色や柄で作れば、ますますおしゃれに磨きがかかりますね!
    買うと意外と値段がしますし、お友達にプレゼントしても喜ばれると思います。

    ミシンで縫えるやわらかい合皮などで作っても、雰囲気が変わります。
    大人女子のおしゃれアイテム、ぜひ作ってみてください。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ