お気に入りの布で!クルミボタンで簡単ヘアゴムの作り方!

スポンサードリンク


コロンとした形と、布などでくるまれたほっこりとした雰囲気で人気のクルミボタンって知っていますか?

小さなはぎれで、大人から子供まで簡単にハンドメイドが楽しめるんです(*´▽`*)
お気に入りの布も、最後まで使いきれますね。

null

ボタンとして使うのはもちろんですが、サイズを選べば

  • アクセサリー
  • クリップ
  • マグネット
  • 小物入れ
  • 名札

  • などなど、色々な用途があるところも魅力です。

    今回は、クルミボタンを使って簡単にできるヘアゴムの作り方をご紹介していきます。



    スポンサードリンク




    クルミボタンの作り方


    まずはクルミボタンの作り方をご紹介します。
    100均に売られている「クルミボタンキット」を購入されるととっても便利です。

    材料

  • 好みのはぎれ ボタンより大きめサイズ

  • クルミボタンキット・・・パーツ(上部・下部)・型紙・打ち具一式

  • 両面テープ あると便利

  • 多く売られているクルミボタンキットは、打ち具を使って作るものです。

    その他に、木づちで叩いて作るタイプや、接着剤を使うクルミボタンもあります。
    また、キットを使わず普通のボタンと綿を使って作ることもできます。

    今回は、手に入りやすい100均や手芸屋さんのキットで多い、打ち具を使う作り方をご紹介します。

    作り方

    1. まずは付属の型紙を使って布をカットします。

    2. 模様があって、その模様を使いたい場合は、よく確認しながらカットしましょう。
      型紙の真ん中にボタンパーツ上部をのせて印をつけ、くりぬいておくと模様の出方がわかりやすいです。

    3. 打ち具に布・とボタンパーツ上部をセットします。

    4. セットする前に、ボタンパーツと布を両面テープで留めるとずれにくくなります。

    5. 周りの布をパーツ上部の中に入れ込み、ボタンパーツ下部をはめ込みます。

    6. パチンまたはカチッと音がするまで打ち具の棒部分をしっかりと押し込みます。
      均等に力をかけて押さないとパーツが斜めにはまってしまいますので気を付けてください。

    7. 土台から外せば完成です。

    いかがだったでしょうか?
    力加減が最初は難しくて、斜めにはまってしまうこともあるかもしれませんが、
    2~3回やってみるとすぐにコツがつかめます。

    パチンという感覚がとっても楽しいです!
    ついついキットを全部使い切ってしまう方も多いですよ( *´艸`)

    クルミボタンができあがったら、早速ヘアゴムにしてみましょう~

    null

    やり方はとっても簡単。


    1. 輪になっていないヘアゴムを金具に通します。

    2. ヘアゴムを輪にしたらできあがりです。

    これだけでできちゃうんです!!
    ビーズを一緒に通したり、丸カンでチャームをつけてもかわいいですよ♪



    スポンサードリンク




    結び目を隠す方法


    簡単に作れてしまったクルミボタンのヘアゴムですが、
    もうひと手間加えてさらに本格的な仕上がりにしてみましょう~!

    ヘアゴムの結び目が丸見えなのって、手作り感満載・・・?
    ハンドメイドの味ではあるものの、隠せるなら隠したいですよね。

    いくつかの方法をご紹介しますので、好みの仕上がりを見つけてくださいね。

    クルミボタンの金具に結び目を固定させて隠す方法

    クルミボタンの裏側にある金具に、ヘアゴムを結んで固定させる方法です。

    2回通す方法

    1. 金具に輪にしたヘアゴムを通して「∞」のような形にします。

    2. この時、結び目があるヘアゴムの場合は、結び目が金具のところにくるようにします。

    3. 片方のループ部分に、もう片方を通してきつく締める結び方をすれば完成です。

    この方法だと、最初から輪になったヘアゴムにもできます。
    金具にヘアゴムが入れにくい場合は、糸を輪にひっかけてから金具に通してひっぱってみてくださいね。

    2重結びする方法

    1. ヘアゴムを金具に通してから結び、輪にします。

    2. 結び目を金具のところに持ってきて、その上からかた結びをします。

    クルミボタンで結び目が隠せるこの2つの方法は、とってもすっきりして見えますね。

    2ヶ所のポイントで結び目を隠す方法

    次は、クルミボタンともう1つポイントを持ってくる方法です。
    2つポイントのあるヘアゴムは、1ポイントのものよりおしゃれな印象になります。

    しずく玉を使って隠す方法

    1. クルミボタンとしずく玉にゴムを通して輪にします。

    2. この時、結ばずに糸で縫い留めた方がすっきりします。

    3. 結び目や縫い目をぐりぐりとしずく玉の穴に入れ込んで隠します。

    4. ウッドビーズでも代用が可能です。

    穴があまり小さいとはいりませんが、大きすぎると動いてしまいます。
    サイズをしっかり確認しましょう。

    クルミボタンを2つ使う方法

    1. まずは1つのボタンにヘアゴムを通して結びます。

    2. 2つ目のボタンを通したら、金具の部分でかた結びにします。

    こちらは言葉だとすこしわかりにくいかもしれません。
    わかりやすい動画を見つけたので、見てみてください。



    小さめのクルミボタンが2つついたヘアゴムはとってもかわいらしい印象です。
    小さいお子さん用などにオススメです!

    結び目のないヘアゴムを使う方法

    「せっかく最初からループになったヘアゴムを使うんだから、結ばずにつけたい!」

    と思いますよね。
    そんな時、丸カンを利用すれば、簡単に取り付けられますよ。

    結び目のないヘアゴムに丸カンを付ける方法

    1. 金具に丸カンをつけます。

    2. 丸カンはヤットコを2つ使い、丸がくずれないよう縦に開きましょう。

    3. ヘアゴムに丸カンをつけます。

    4. これは元から輪になっているヘアゴムにもつけることができる方法です。

    結び目を隠す方法と、結ばずにつける付け方をご紹介しました。
    どれもほんのひと手間でグッと印象が変わりますのでぜひやってみてくださいね。

    Sponsored Link


    裏側をきれいにする方法


    クルミボタンは、ほっこりとした印象がありますが、
    裏側の金具が見えるとちょっぴり無機質な印象・・・(*ノωノ)

    フェルトを使って金具を隠してみましょう。

    金具の隠し方

    1. クルミボタンの下部パーツと同じ大きさにフェルトをカットします。

    2. 真ん中の金具部分が出るようにフェルトに切り目を入れます。

    3. 下部パーツにボンドを塗り、フェルトを貼り付けます。

    4. ボンドが乾いたらヘアゴムを通して完成です。

    これも、とってもわかりやすい動画がありますので参考にしてみてくださいね。



    結び目や金属部分が見えないだけで、グッと本格的に見えますよ!

    合皮や、ビニールコーティングの生地などでもOKです。
    ほつれない素材を使うのがポイントです。

    クルミボタンヘアゴムのバリエーション色々


    お気に入りの布で作れるクルミボタンですが、布の柄を生かす以外にも色々なバリエーションがあります。
    柄の布も、無地の布も、小さなはぎれに工夫をして、自分だけの世界を出しましょう。

  • 無地の布に刺繍する

  • レースを貼り付ける

  • 布にスタンプを押す

  • 布にアイロンプリントをする

  • ビーズ刺繍をする(周りを囲む・真ん中にビーズ刺繍をする)

  • フェルティングで模様を付ける

  • 小さなリボンなどデコパーツを縫い付ける

  • 刺繍は大きなものだととっても大変ですが、クルミボタンに使うサイズだと挑戦しやすいですね。

    「刺繍に挑戦してみたいけど難しそう・・」

    と考えているのなら、クルミボタンから始めてみてもいいかもしれません!
    アイロンプリントも、フロッキープリントなどとってもおしゃれに仕上がりますよ。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はクルミボタンヘアゴムの作り方をご紹介しました。

    そのまま作るだけでも十分かわいいクルミボタンですが、
    ひと手間加えるだけでグッとグレードアップします。

    また、布じゃなくて合皮で包んだり、フェルトで包んでもまた雰囲気が変わります。
    色々なクルミボタンで、自分らしいヘアゴムを作ってみてくださいね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ