パワハラの定義は?上司によるパワハラ事例をチェックしよう

スポンサードリンク


上司のパワハラがハンパないんすけどー!

パワハラ 定義


って人は、今回の記事は必見

じっさいにどこからどこまでがパワハラなのか。

以外と定義ってあいまいだよね。


スポンサードリンク




ハラスメントっていうのは、日本言でいうと
嫌がらせいじめっていう意味。

つまりセクハラがを理由にした嫌がらせで、
パワハラは権力を理由にした嫌がらせなんだ。

主に職場で地位や人間関係で、
弱い立場の人に対して精神的、
肉体的な苦痛
を与えることをさすよ!

ちなみにパワーハラスメントは和製英語。
アメリカ人に言っても通じないよ。

向こうでは、(弱い者・小さい者をいじめる、
脅す、という意味で「bully
という単語が使われてるんだ。

でもパワハラで難しいのがその範囲。

肉体的ってのは分かりやすいけど、
精神的っていうのは人によって
受け取り方の度合いが違うからね。

今日は、パワハラについて、
どういう条件下で行われる行為が
パワハラとなるのかをお伝えしていくよ!

レッツ、おとどけ!
三(/・△・)/

パワハラの定義をチェック!


「あ、今のパワハラ!」なんて
冗談っぽく会社で使われたりするよね。

でも、上司が部下に対して職務を
遂行する為に指示を出すのは当然。

職務遂行の為に必要なことだけど、
部下がそれをやりたくないこともあるだろう。

そんな時に、全部パワハラにされちゃったら、
上司は何も出来なくなってしまうよね。

どこからが教育、仕事で、どこまでが
パワハラなんだろう。

まずその定義から見てみよう!


パワハラの定義

職場において、地位や人間関係で弱い立場の相手に対して、繰り返し精神的又は身体的苦痛を与えることにより、結果として働く人たちの権利を侵害し、職場環境を悪化させる行為。

※WIKIより引用


ここでポイントとなるのは、本人が嫌がるのに
繰り返し行われているかどうか。


ちなみに、1回だけの行為であっても、
相手に与える衝撃の大きさによっては、
パワハラだとみなされることもあるよ。


スポンサードリンク




パワハラ 事例を紹介


じゃあ、具体的にどんな行為
言動がパワハラになるんだろう。

ここでは、分かりやすく事例
いくつか紹介しよう。

  • 仕事での失敗を怒鳴ってけなし、他の人に言い振らす
  • 転職活動がばれて「今すぐやめろ」「もう仕事するな」と言われる
  • 「辞めたら損害賠償を請求する」といって辞めさせない
  • 女性社員に対し「まだ結婚してないの?性格に問題あるんじゃない?」と発言
  • 挨拶しても無視される。飲み会で自分だけ外される
  • 子供が出来たことを報告したら退職を勧められた

  • などなど。

    パワハラ 定義
    さて、ポイントとなるのはどこでしょうか。

    それは、本人の意思で変えることができる
    内容なのかどうかにかかっているよ!


    たとえば、会社を無断で数回休んで、
    上司が「会社に来ないとクビにするぞ!」
    といってもそれはパワハラにはならない。

    なぜなら、休んだ方も連絡を入れていない
    という過失があり、職務を全うしてないから。

    ところが、業務開始前に「熱が38度あるので休みます
    という連絡を入れて、こないとクビにすると
    言ってきたらこれはパワハラ。

    同じ理論で、仕事ができないことを理由に、
    クビにするぞ!といってきても、これもパワハラ。

    クビにする前に、上司は仕事ができるように
    なるための環境方法を考えなければいけないんだ。

    性別・学歴・性格など、能力とは別の
    すぐに変えることができないこと

    みんなの前で言ったり指摘したりするのは
    パワーハラスメントに該当するよ。

    それでもパワハラの問題は難しくて、
    どうしてもグレーゾーンは存在する。

    実際、裁判になった時は、
    会社も被害を受けてることも多く、
    判決の時に会社側の過失本人の過失である程度
    金額が相殺されていることも多いんだ。

    では、どの線からがパワハラになるのか。
    どうしたらパワハラは減るのか。

    次回はパワハラのチェックポイントを元に
    分かりやすく解説していくよ!


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ