鍵のカバーの作り方!革を使った手作りのかわいいカバー

スポンサードリンク

でできた鍵のカバー

シンプルなのになんだかかっこいいですよね!
女性はもちろん、男性が使っていてもステキです。

null

鍵をたくさんつけているとチャリチャリ音が気になりますし、
鍵に瑕がどんどんついて行くのもカバーがあれば防げます。

そんな鍵カバー。

実は、ほんの小さな革のはぎれで、
簡単に作れてしまうんです。

今回は革のはぎれをつかった鍵カバーの作り方をご紹介します。



スポンサードリンク




鍵カバーの作り方


スムーズに作れるように、まずは道具や材料を準備しましょう!

用意するもの
  • カッターマット
  • カッター
  • 革はぎれ
  • はさみ
  • ハンマー
  • カバーをつけたい鍵
  • 菱目打ち(ない場合は目打ちでも可)
  • 穴あけポンチ

  • 針や糸は、家にあるもので作れますが、糸は太い方が安心です。

    レザークラフト用を持っている場合は、レザークラフト用を使うと頑丈に出来上がります。

    材料がそろったところで、早速作ってみましょう。

    鍵カバーの作り方

    1. 型紙を作ります。

    2. カバーを付けたい鍵の型を取ります。
      上下は2mm・左右は5mmほど大きめに線を引きます。
      お好みで角に丸みをつけてもいいです。
      上部はつながったような形で、鍵を挟めるようにしてください。
      鍵を下げるための真ん中の穴も忘れず印を付けます。

    3. 型紙に合わせて革をカットします。

    4. 真ん中の穴は穴あけポンチで穴をあけます。

    5. 端に木工ボンドを塗り、半分に折って仮止めします。

    6. 洗濯ばさみなどで押さえておくとしっかり留まります。

    7. ボンドが乾いたら、ステッチを入れるための縫い穴をあけます。

    8. 端から2~3mmのところに菱目打ちで穴をあけていきます。
      ない場合はフォークなどで均等に跡を付け、目打ちで穴をあけてください。

    9. 穴をあけたところにステッチをかけます。

    10. 革のわの側の2つめから、縫います。
      2本どりで玉止めを作った状態にして針を出し、1番に戻ってから波縫いをします。
      端まで縫ったら上まで縫い戻り、2往復します。
      最後は返し縫いを2~3目して固結びし、結び目を革の中に押し込みます。

        ※針を2本使ってステッチをかけるともっと本格的です。
        1本の糸の両端に針を付け、交差しながら縫います。
        表側から通した糸を最後まで引っ張らず輪にして残し、
        裏側からも糸を刺さないようにしながら縫ってから2つ一緒に引き締めます。
        これを繰り返して縫い進め、最後は返し縫いを2~3目して固結びしてください。

    11. 反対側も同じ方法でステッチして完成です。

    刻印を入れたり、革用インクを使ってスタンプを押してもかわいいです!

    刻印は、革を濡らして、その上に金属や樹脂の模様を片づけする方法です。
    ワンポイント程度のものであれば、1000円ほどで売られていますが、もっとお手頃価格で!という場合は、

  • 100均のクッキースタンプ

  • マイナスドライバーでイニシャル刻印

  • などを押し付けてみると刻印替わりになります。

    クッキースタンプはプラスチックなので、あまりぎゅっとするとすぐ壊れてしまうかもしれませんが・・(;^_^A



    スポンサードリンク




    革色とステッチの色合わせ


    革に合わせたステッチの色もいいですが、
    あえて変わった色でステッチするのもおすすめです。

    null

    定番カラー

  • 生成り(白)
  • ベージュ
  • キャメル
  • グレー
  • が合わせやすい色としてあげられます。
    差し色としてオススメな色

  • 黄色
  • オレンジ
  • ピンク
  • ターコイズブルー
  • ゴールド

  • などポップにしあがります。
    ぜひ色々試してみてくださいね。

    Sponsored Link


    もっと素敵に仕上げるなら


    このままでももちろんステキですが、もっと素敵に仕上げるために、仕上げ処理をしてみましょう!

    革の端のぼそぼそを処理しよう

    まず、糸を傷つけないようにしながら、端をやすりなどで削って整えます。

    そこに
  • 水に溶いた木工ボンドを塗りこむ

  • 水を指でつけながらつるつるとしたもので擦り磨きする

  • のどちらかの方法をしてみてください。

    鍵カバーは小さなものなので端処理する部分も少ないので、
    どちらを選んでもさほど手間はかかりませんよ。

    トコノールという溶液があればもっときれいに仕上がります。
    レザークラフトをこれから始めたい方は持っていてもいいですね。

    革の表面を磨いてつやを出そう

    革用クリームや、靴磨きクリームなどを使って、表面を磨いてみましょう!
    革はぎれでも、つやつやで高級感のあるカバーに変身します。

    つや出し保護剤があれば、それも塗ると使い込んでも傷がつきにくくオススメです。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は小さな革のはぎれでも作れる、鍵カバーの作り方をご紹介しました。
    製作時間20分ほどの、とても簡単なレザークラフトなので、ぜひ挑戦してみてください。

    null

    ヘッド部分に厚みが出るので、鍵本体のみの時よりも持ちやすく、手になじんでとてもいい感じになりますよ!
    鍵カバーは、男性でも女性でも喜ばれるアイテムです。
    いろいろ作ってプレゼントなどにしてみてくださいね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ