手作りバスボムの作り方!100均の材料で簡単に作れるので自由研究にもおすすめ

スポンサードリンク


お風呂に入れるとシュワシュワ~!
☆・゚:*ヽ(゚д゚*)(*゚д゚)ノ*:゚・☆

バスボムを入れるだけで、お風呂タイムが楽しくなりますね。

見た目にもとっても楽しくて、あたたまるし、うれしい美肌効果も!

このバスボム、実は自宅で簡単に作れるんです。

null

簡単なのに、理科の実験のような気分で作れますので、楽しいですよ!

かわいい形で作ったり、中にキャラクターの人形を入れたりすれば、お風呂好きな子はもちろん、お風呂嫌いの子供も大喜びです♪

今回は、そんなバスボムの作り方をご紹介していきます。



スポンサードリンク




バスボムの材料を準備しよう


まずはバスボムづくりの材料を詳しく見ていきましょう!
あったら便利な道具もご紹介します。

準備するもの

  • 重曹
  • クエン酸
  • 片栗粉(コーンスターチ・塩でも可)
  • キッチンスケール
  • ボウル

  • 重曹:クエン酸:片栗粉=2:1:1の割合

    で混ぜ合わせますので、適量を用意しましょう。

    あるといいもの

    香りづけや色付けに使えるもの

  • バスソルトや入浴剤
  • アロマオイル
  • ハーブ
  • 食用色素

  • 型を付けるもの

  • ガチャガチャのケース
  • シリコン型
  • クッキー抜き型

  • 粉を混ぜるのに便利なもの

  • シェーカー
  • ビニール袋
  • 霧吹き
  • スプーン

  • 作り方

    1. 材料を混ぜる

    2. まずは3つの粉をよく混ぜ合わせ、香りづけや色付けも入れます。
      ビニール袋に入れて揉んだり、シェーカーに入れて振ると簡単です。

    3. 水を霧吹きで少しずつ入れる

    4. 一気に水が入ると炭酸が発生してシュワシュワしてしまいます。
      表面を湿らせる程度ずつで入れてください。

    5. 型に詰める

    6. 手で握れるくらいになったら型にギュッと詰めていきます。

      ガチャガチャに入れて丸めた場合は入れてからよく振り、形がついたら出してOKです。
      他の型はそのまま乾燥させた方がキレイに形や模様が出ます。

    7. 半日~3日程度よく乾燥させる

    8. 叩くとコンコンと音がしたら中まで乾いています。
      湿度の高い季節は冷蔵庫に置くといいですよ!

    9. 型から抜いて完成。

    10. 割れないようにそっと型から抜きましょう。

    わかりやすい動画があったのでぜひ見てみてください。



    この場合は混ぜる時にビニール袋に入れて、食用色素とアロマオイルを使用しています。
    型に詰める時に2色にするなど、アイディアも楽しいですね。



    スポンサードリンク




    お好みでアレンジも色々楽しめます!


    先ほどご紹介したバスソルトや入浴剤、アロマオイルなどの他に、入れてみると面白いものをご紹介しますね。

    null

    ドライフラワーやドライハーブ
    混ぜ込むよりも型にドライフラワーなどを入れてからパウダーを詰めるなどすると、表面に見えてキレイです。

    排水溝に詰まらないように、お風呂のお湯を抜くときに気を付けてくださいね。

    はちみつ
    保湿効果のあるものを混ぜ込むとしっとりとしたお湯になります。
    水分を少なめにして大さじ1杯くらいを少しずつ入れましょう。

    グリセリン
    こちらも保湿効果を得ることができます。
    これだけ使うと香りなどもなくシンプルですが、他にオイルなどと合わせてもよさそうですね。

    スキムミルク
    乳白色のお湯ができるスキムミルクも、はちみつと同じように大さじ1杯入れてください。
    生姜や紅茶の茶葉、ココアパウダーなどを少し足しても美味しい香りで楽しいお風呂になります。

    花びらやラメパウダー
    お風呂で溶けたときにとてもテンションのあがるバスボムができあがります。
    ただし、お風呂掃除が大変になってしまうので、記念日などに使うといいですね。

    バスボム自体のアレンジも楽しいですが、色々な形にするとお風呂に入れる時もとても楽しめます。
    作っているときに長めのストローや、キャンディ風のおもちゃを入れ込んで、キャンディバスボムにしてもかわいいですよ

    また、動画のように2色にしたり、マーブルにしたりと見た目でもアレンジが楽しめます。
    色んなアイディアをぜひ試してみてくださいね。

    バスボムは湿気に弱いので、乾燥材を入れた密閉容器に保存して、2~3週間ほどで使い切ってください。

    Sponsored Link


    手作りバスボムの効果と効能


    手作りバスボムは、重曹クエン酸が入っているため、色々な効果が期待できます。
    どんな効果があるのか詳しく見てみましょう。

    お湯が柔らかくなる
    一般的な入浴剤を使ってもそうですが、さら湯の状態より肌への刺激が少なくなります。

    美肌効果
    重曹やクエン酸には角質を柔らかくして老廃物を取り除く効果があります。
    毛穴汚れや皮脂をすっきり落としてくれますよ!
    ただし、敏感肌の場合は刺激が強く感じることもあります。
    また、重曹を使った入浴剤は若干肌が乾燥しやすくなるため、お風呂上がりの保湿ケアも忘れずにしてくださいね。

    冷え性改善・疲労回復効果
    重曹とクエン酸による炭酸が血行を促進して冷え性を改善し、疲労を回復します。
    また、クエン酸には疲労回復効果があるので、さらに効果を得られます。

    デトックス効果
    バスボムで血行がよくなることと、老廃物がはがれやすくなったことなどから、汗をたくさんかいて、デトックス効果が期待できます。
    お風呂上りはお水などでしっかりと水分補給してくださいね。

    お風呂掃除も楽になる
    重曹とクエン酸によって、浴槽に水垢がつきにくくなっているため、お風呂掃除が楽になります。
    また、配管などの汚れも流しとってくれます。

      ※カビキラーなどの塩素系の洗剤はクエン酸の酸性と混ざるとガスが発生して危険ですので気を付けて使用してください。

    Sponsored Link


    まとめ


    バスボムの作り方アレンジアイディア効果効能をご紹介しました。

    簡単に、そして楽しく作れるバスボム。
    砂遊びの延長のようでもあり、理科の実験のようでもあり、子供と作るととっても喜ばれそうですね!
    自由研究などにしてもよさそうです。

    コストパフォーマンスもとてもよく、色々な効果効能もあるのが手作りバスボムのうれしいところ。
    香りや色、保湿効果など、自分の好みにピッタリ合ったバスボムを作れば、ますますお風呂タイムが楽しくなります。

    また、プレゼントなどにも喜ばれます。
    ぜひたくさん作ってみてくださいね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ