100均粘土で作るフェイクスイーツ・クッキーとアイシングの方法

スポンサードリンク

おいしそうにこんがりと焼きあがったクッキー

さぁ、召し上がれ」(・∀・)ニヤニヤ

と、思いきや、フェイクスイーツ

・・・・・・・

インテリアに、いたずらに(笑)

思わず食べたくなってしまうリアルなフェイクスイーツが
簡単に作れたら楽しいですよね。

特殊な道具とか必要なんでしょ?

なんて思うかもしれませんが、実はコレ、
100均に売っている粘土で作れるのです!


難しそうに思える質感の付け方や、焼き色など、案外簡単にできてしまいます。

null

今回は初心者でもできるフェイクスイーツクッキーの作り方と、
今人気のアイシングクッキーアイシング方法をご紹介していきます。



スポンサードリンク




クッキーの作り方


    材料

  • 100均軽量粘土 白
  • アクリル絵の具 黄土色・茶・こげ茶など
  • クッキー型
  • 歯ブラシ
  • クッキングシート
  • 化粧用パフ
  • デコソース
  • ベビーオイル


粘土は、軽量粘土と石粉粘土を半々にして使う場合や木粉粘土を使う場合もあります。
どれがいいという決まりはなく、質感は違いますがどの粘土でも作れます。
石粉粘土はビスケットに近い、少し硬めの質感が出ます。

お好みで選んでみてくださいね。

クッキングシートは下に敷いてくっつき防止で使います。
粘土板はもちろん、クリアファイルでも代用できます。

ベビーオイルは型から粘土を外しやすくさせるのに使います。
本物のクッキーの生地を作るときのように、麺棒があると楽です。
ねんど棒でももちろん大丈夫です!

それでは早速作ってみましょう。


作り方


1. 粘土に下色を付ける。

アクリル絵の具の黄土色をほんの少し出してよく混ぜます。
バニラアイスくらいにほんのり色がついたら下色が完成です。

2. 型を抜く。

クッキー生地を作る時のように、平たく均等に伸ばし
好きな型で抜きます。
そのままでもいいですが、指で縁をならして角を取っておくとクッキーが焼きあがったふっくら感が出ます。

アクセサリーにする場合はこの段階で通し穴をあけてください。
つまようじのとがっていない方や目打ちなどで穴をあけます。

3. 質感を出す。

歯ブラシで押し付けるようにして毛跡をつけてクッキー独特のざらっとした質感を出します。
スポンジのアクリル部分、金ブラシ、たわしなどでも代用できます。

4. 乾かす。

1~2日程度しっかりと乾燥させます。
クッキングシートなどでは裏側が乾きにくいので、焼き網などの上で乾かすと乾きやすいです。

5. 焼き色を付ける。

null

アクリル絵の具の黄土色を化粧用のパフにつけて焼き色を付けます。
紙などにつけてみて、かすれて薄く感じるくらいでちょうどいいです。

端から中心に向かって少しずつポンポンたたいてつけてください。
(こすると粘土の表面がぽろぽろしてくるのでたたいてつけます)

乾くと少し濃くなるので、薄いかな?くらいでやめるとちょうどよくなります。
クッキーは端の色が濃く焼けるので、真ん中はつけなくてもいいです。

焦げ目などを付ける場合は、茶・こげ茶なども足して好きな焼き色に調整してください。

表面の水分が飛んで乾いたら完成です。

デコソース(チョコやジャム)をかけてもかわいいです!
ニスを塗る場合は、マットなタイプの方がリアルになります。



スポンサードリンク




アイシングクッキーにする方法


    アイシングクッキーとは

    砂糖と卵白に着色料を混ぜてカラフルにしたクリームをアイシングクリームと言います。

フェイクスイーツでアイシングクリームに近く見えるいくつかの作り方をご紹介します。

1. 粘土を水で溶いて作る

用意するもの

  • 粘土(樹脂粘土・軽量粘土など)
  • アクリル絵の具(ピンクやブルーなど好みの色にしてください)

  • null

    ごく少量の絵の具とほかの材料をよく混ぜて、トロっとするくらいまでにします。

    水が多すぎるとぷっくり感が出ないので気を付けてください。
    ヨーグルトくらいのとろみがほどよいですよ。

    つまようじなどでクッキーの上に塗り、乾かします。
    絵の具は乾くと濃くなるので、絵の具は薄いかなと思うくらいで大丈夫です。

    小さなジップロックなどに材料を入れて、外側からよく練るという方法も手が汚れずオススメです。
    その場合粘土は細かくちぎると早く水に溶けます。

    袋の角を少し切れば、実際に使われているコロネのようになり、絞り出して塗ることもできます。
    コロネは、細かいアイシングの模様を書きたい場合にとっても便利です。

    この方法に木工ボンドも混ぜているという人もいます。
    仕上がりの好みで選んでくださいね。

    Sponsored Link


    2. エポキシボンドやレジンを使って作る方法
    用意するもの
  • エポキシボンド又はレジン
  • 絵の具

  • エポキシボンドは2液タイプの場合よく混ぜ、固まらないうちに素早く絵の具を少量混ぜてつまようじなどでクッキーに塗ります。

    エポキシは透明感があるので、白も混ぜると砂糖を溶かした様な色味が出ます。
    ボンドが乾いたら、又はレジンを硬化させたら完成です。

    また、100円ショップでは買えないかもしれませんが、アイシングソースという名前のものも売られています。

    ジェルメディウムジェッソを水で溶いたり、モデナペーストに、絵の具で色付けして作うこともできます。

    どんどんと新しくて便利なスイーツデコの材料が出ていますので、
    ぜひ好みのアイシングの質感を見つけてみてくださいね。

    Sponsored Link


    まとめ


    フェイクスイーツの作り方、今回はクッキーアイシングの方法をご紹介しました。

    シンプルな丸や四角の他に色々な型で抜いたり、絞り出したりスタンプを押したり・・
    とクッキーは色々と楽しめます。
    焼き色も好みの色合いや付け方を探してみてくださいね。

    そして色々な形のクッキーとカラフルなデコレーション。
    アイシングクッキーは無限のバリエーションが広がっています。
    どちらもぜひ作ってみてくださいね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ