中学生の塾の費用!相場はどれくらい?いつから必要なの?

スポンサードリンク

子供が中学生になり、周りのお友達が続々と塾に行き始めるころ。

うちの子も塾に行かせるべき?

と心配になってしまいませんか?

高校受験のことなどを考えると、

やはり3年間の間に塾に行かせた方がいいのかな・・。

と、いろいろ悩みは尽きないですよね。

null

そこで今回は、塾に通わせるのに、

  • どれくらいの費用がかかるのか

  • いつから行かせるのがいいのか

  • 子供たち本人はどう思っているのか

  • など、気になる内容について調べてみました。


    スポンサードリンク




    中学生から塾に行かせるべき?


    ネットの質問サイトなどを見てみると、

    塾に行かせるべき!

    という考えと、

    必要ない!

    という考え、ほぼ半々くらいに感じました。

    難関校合格のために必要、お金の無駄、本人次第・・・。

    でも実際周りを見まわすと子供を塾に行かせているというママさんたちがほとんどで、行かせていない家の方が少ないように思います。

    そこまで必要性は感じていないけど、なんとなく行かせている、というご家庭も多いのかもしれませんね。

    塾に通うメリットは?


    では、塾に通うということでどのようなメリットがあるのでしょうか。
    いくつかリストアップしました。

  • 学習量が増え、学習習慣がつく
  • 予習復習ができて、基礎学力が身につく
  • 塾の友達や先生との交流で勉強へのやる気があがる
  • テストでのコツなど受験対策ができる

  • たしかに学校では手のまわらない部分をフォローしてもらうという点で、親としてはありがたいですよね。

    デメリットは?


    ではデメリットについてはどうでしょうか。

  • お金がかかる
  • 時間が無くなる
  • 競争で心が折れる場合がある
  • 塾で予習する分、学校で授業態度が悪くなる場合がある

  • このような声がありました。

    子供の性格などによって、多少のデメリットは出てくるかもしれませんが、お金と時間が無くなる以外はさまざまですね。

    無理やり行かせるのではなければ、時間がなくても頑張れるでしょうし、あとは親が負担するお金の問題も大きいですよね。


    スポンサードリンク




    中学生の塾代の相場


    次に気になる費用について。

    これは公立中学に通っている場合と、私立中学に通っている場合できっぱり別れてきます。

    公立中学の場合、塾は高校受験を目的としたものですが、
    私立中学の場合は成績維持を目的となってきます。

    最近は中高一貫のエスカレーター式も増えてきており、特に私立の場合は
    付属中・高など成績さえ維持できて入れば、指定校への大学進学といった道もあります。

    具体的な費用につていは、中学1~2年では公立中学がやや高いかなという程度の年間約10~15万円の費用ですが、
    中学3年になると、私立中学は同じく年間15万円程となります。

    しかし、受験を控えた公立中学の場合、倍の年間約30万円に上がってしまいます。

    中学生の塾代の相場

    私立 公立
    中学1年生 10~15万円 10~15万円
    中学2年生 10~15万円 10~15万円
    中学3年生 15万円 30万円

    null

    また、塾によっては講習会が弱点克服など、特別なプログラムを組んでいる分、高くなっている所もあるようです。

    個別塾と団体塾などによっても費用に大きく差が出てくるようですので、子供の学力や性格、家計と相談して選ぶ必要がありますね

    Sponsored Link


    いつから必要?


    さて、そんな子供の塾ですが、いつごろから通わせるのがベストなのでしょうか。

    一般的にオススメな時期は、中学入学後、中学1年の4月からというケース。

    それと、いよいよ受験!という気持ちに切り替わる、中学3年の4月からという2つのパターンが大まかな塾に行き始める時期となっています。

    null

    中学1年から塾に行く場合は、勉強の習慣やコツなどを身に着けることができ、ベストな時期。

    そして3年生は気持ちが受験モードに切り替わるので、効果的に勉強ができるからですね。

    ・・・・・・・

    でも大事なのは本人の気持ちかな、と思います。

    塾に行ったからと言って、安心してしまって、家で勉強をしなければ意味がないのも事実。
    例えば英語の場合単語を覚える勉強などは、塾では教わりません。

    スペルミスをしないためには、家庭学習で単語の書き取りをする必要があります。

    他の教科でも、塾で勉強するだけで大丈夫だと安心しきらず、塾の存在に甘えてしまわないようにコントロールしてあげたいところですね。

    いつから行かせるべきなのか悩むところではありますが、反抗期や思春期で難しい時期ですし、子供が

    お友達と同じ塾に行きたい!

    と言ってきた場合、それもまたよいきっかけなのかもしれません。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は中学生の子供を塾に通わせる時にかかる費用やタイミングについて紹介しました。

    塾に通わせるタイミングとしては、1年の春からと、3年の春からの2パターンがありました。

    もしも中1の春から3年間、塾に通わせるとなると、
    費用もかなりかかりますので、親としての覚悟も必要ですね。

    後々になって、

    せっかく行かせてあげているのに!

    なんて、子供に対してお小言を言ってしまったりしないよう、よくコミュニケーションをとって、子供自身のやる気や学力に合った塾と時期を選びたいものですね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ