虫に刺された所が痛い!対処法は?ハチ、ブヨ、ムカデ、毛虫など。

スポンサードリンク


梅雨が終わって、夏らしい晴れの日が続くとアウトドアに勤しみたくなりますよね。

だって、夏ですから!

しかし、アウトドアの時につきものなのが、虫ですよね。。。

蚊に刺されたぐらいなだどうってことないですけど、
ハチ、ブヨ、ムカデ、毛虫などの虫に刺された際、
放置すると大変な事になる時もあります。

null

ここでは、そんな、

虫に刺されてなんだか痛い!

という時の対処法などをご紹介します。


スポンサードリンク




虫に刺された所が痛い!


山とか川などにいくとさまざまな虫がいます。

null

痛みを伴う症状が出る虫として最も一般的なのは、

  • ハチ
  • ブヨ
  • ムカデ
  • 毛虫

  • です。

    どの虫も山や川に限らず茂みの多い公園に行けばいそうですね。

    夏は薄着になって肌の露出が多くなる事から、
    こういった虫に刺される可能性が他の季節よりも高くなります。

    虫に刺されたと思っていたら痛くなってきた時は、
    これらの虫に刺された可能性を疑ってみましょう。


    スポンサードリンク




    痛くなった時の対処方法


    では、痛くなったときはどのように対処したらよいのでしょうか。

    先程紹介した4種類の虫ごとに対処法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

    ハチ

    まずはハチです。

    ハチに刺されると患部に毒針が残るので、
    これを毛抜きや流水で払いのけるようにして抜きます。

    その後、流水でハチの毒を洗い流しつつ患部を冷やします。

    あとは抗ヒスタミン薬を塗って様子を見てください。

    ハチはショック症状を起こす恐れもあるので、
    過去に刺された事がある方は注意してくださいね。

    ちょっと呼吸が苦しくなってきた気がする

    とか思ったら、もう悩まず病院に行ってください。

    私の兄はハチに何回か刺されていても平気で逆に焦った記憶がありますが、行かないよりは行った方が安心です。

    ブヨ

    続いてはブヨです。

    地域に寄ってブユとかブトとも呼ばれているようですね。

    私もよく子供の頃は田舎で刺されていました。
    痛い上に酷く腫れて、膿まで出てくる厄介さです。

    本当に酷い時はリンパ節炎を起こす人も居るようです。

    そこまで行ったらお医者さんの出番ですが、
    刺されたことに気付いたら、まずは患部から毒を出しましょう

    ポイズンリムーバーという簡単な吸引器のような物があるようですが、
    無い場合は指や爪を使って患部から毒を押し出すと良いかもしれません。

    ちょっと痛いですが、膿の様な透明に近い汁が出てきます。

    口で吸い出すのは感染症を引き起こす可能性があるのでやめましょう。

    その後、患部を冷やして、なるべく触らない様にしましょう。
    私は冷やしてステロイドを塗って軽症に留めていました。

    ムカデ&毛虫

    最後はムカデ毛虫です。

    こいつらに噛まれたら早急な対応が必要です。

    噛まれたら患部に触らず直ぐに皮膚科へ行くのが良いのですが、応急処置の方法として、ムカデの場合はブヨ同様に、患部から毒を搾り出して冷やします

    もし、ステロイド系の軟膏があれば塗っておきましょう。

    症状が治まらない・悪化していると思ったら直ぐに皮膚科へGO!です。

    毛虫の場合は、毛虫の毛を粘着テープや流水で取り除いて、患部を洗って冷やす。
    そして皮膚科へGO!です。

    Sponsored Link


    もしデング熱の場合はどうなる?


    最後に蚊にさされて痛くなってきた場合。

    蚊(主にヤブカとネッタイシマカ)によって媒介されるデング熱は近年問題になっていますよね。

    国内でも感染者が現れていたので、蚊に刺されると、

    もしや・・・!?

    と思う事もあるかもしれません。

    ではデング熱に感染するとどのような症状が出るのでしょうか。

    null

    感染したら熱を出す、というイメージがあるかもしれませんが、80%の人は無症状です。

    15%の人が発熱症状のみ、5%が重篤な症状を呈するようです。

    現れる症状としては、

  • 突然の発熱
  • 頭痛
  • 筋肉痛、関節痛
  • 発疹

  • 潜伏期間は3日~14日、症状は一週間ほど続きます。

    蚊に刺されてから2週間以内に40℃程の熱が出たら、念のため医療機関に行く事をオススメします。

    Sponsored Link


    大切なのは虫刺されの予防!


    さて、ここまでは蚊とは違う虫に刺された時の対処方法をご紹介してきましたが、そもそも刺されなければよいですよね。

    虫が多く居そうな所へは長袖長ズボン、ついでに靴下も履いてスニーカーも履きましょう。

    これで足元から襲われる可能性が減ります。

    虫除けスプレーも服の上から掛けてしまうと良いです。

    柑橘やハーブ(ユーカリ、ローズマリー、カモミール、レモングラス、ラベンダー等)は虫が嫌う匂いとされているので、こちらも活用するのがおすすめです。

    私は生のローズマリーを焼酎に漬けた物をスプレーして虫除けにしています。
    (色が移る事があるので、衣類には使用しないようにしましょう。)

    また、ハチに関しては香水や整髪剤の匂い、黒い色に刺激されるのでハチが居そうな場所ではそういった物は避けたほうが良いです。

    まとめ


    今回は虫に刺されてしまった時にお医者さんに行く前にその場でやっておくべき対処方法についていくつか紹介しました。

    いつもの虫刺されと何か違うな、と思ったらとりあえず患部を流水でよく洗って冷やして様子を見ましょう。

    そして痛みや痒み、腫れが酷くなったらすぐに皮膚科へ行くことをお勧めします。

    ただの虫刺されで病院なんて・・・と思う方も多いかもしれませんが、大人もですが、特に小さなお子さんの場合は皮膚科で適切な薬を処方してもらう方が痕も残りにくく、何より早く治ります。

    後は、虫が多い場所に行くことがわかっていたら、長袖長ズボン+虫が嫌うハーブを持っていくとバッチリです。

    おおう。もう刺されちゃったよ・・・。

    という場合は、ぜひ次回の時にご参考にしてくださいね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ