蓼食う虫も好き好きの意味とは?恋愛で使われる意図とは?同じ意味のことばもチェック

特殊な好みの人に対して、

蓼食う虫も好き好きだからねえ・・・」

なんて言い方をすることがあります。


ここで言う、

蓼(たで)食う虫

って何なのでしょうか。
どんな虫のことを指しているのでしょう。

null

また、「蓼食う虫も好き好き」というのは恋愛の場面でもよく使われます。
「好き好き」なんて言ってますしね。(^^

ただ、どういった意図で使われるのでしょうか。

と、いうことで!

今回はこのことわざの意味や使い方をまとめました。
同じような意味で使われている言葉もチェックしていきましょう!


スポンサードリンク




「蓼」って何?


ことわざの前に「蓼」とはいったい何なのでしょうか。

そもそも読めないという人も多いかもしれませんね。

これは、

蓼(たで)

と読みます。

ここでいう蓼というのはタデ科イヌタデ属の柳蓼(ヤナギタデ)をあらわしているといわれています。

水辺などに生える一年草で、その形が柳に似ていることからこの名がつきました。
茎や葉に強い辛みと苦味があるので薬味として利用されることが多い植物です。

蓼食う虫も好き好きの意味


では、さっそくことわざについてみていきましょう。
意味についてはコチラ。

    蓼食う虫も好き好きの意味

    人の好みはそれぞれなので、個人の好みにはずいぶんと違いがあるということのたとえ。

蓼のような苦くて辛い植物であっても好んで食べる虫がいるように、人の好みというのは様々で個人差がある、という意味のことわざですね。

このことわざは中国南宋時代の随筆集である、

鶴林玉露(かくりんぎょくろ)」

に出典があります。

この随筆に「蓼虫は苦さを知らず~」という一文があり、それがこのことわざの元になったのではないかといわれています。


スポンサードリンク




恋愛で使われる時の意図


この「蓼食う虫も好き好き」ということわざは恋愛で使われることも多い言葉。

どんな意図で、どんなふうに使われているのか見ていきましょう。


世の中には、

いかにもモテそうなタイプ

というのがいますよね。

綺麗だったり、
可愛かったり、
格好良かったり・・・。

ええい!
うらやましい。

null

しかし逆に、

モテそうもないタイプ

という人も存在します。

そうったモテそうもないタイプを好んで選ぶように人に対して、

蓼食う虫も好き好きというもんね・・・

というふうに言うことがあります。


主に、

「なんであの人を選ぶの?」
「もっといい人がいるのに理解できない・・・」

という気持ちをあらわす際に使います。

ちなみに容姿だけをいうわけではなく、性格的にもあまり好まれないような人を恋愛対象として選ぶ場合にも使うことがありますよ。

例文としては、こんな感じで使われます。

例文

「クラスで一番の美女が、クラスで一番太っていて冴えない彼と付き合うことにしたらしい。まさに蓼食う虫も好き好きだ」

Sponsored Link


類義語について


では「蓼食う虫も好き好き」と同じ意味で使われている言葉についてみてみましょう。

割れ鍋に綴じ蓋

どんな人であっても相応しい配偶者がいるものだというたとえ。

人から嫌煙されてしまうような人であっても進んで好きになるような変わり者は必ずいるという意味合いは「蓼食う虫も好き好き」と共通しますね。

十人十色

考えや好み、性質などは人によってそれぞれ異なるという意味の言葉。

これは四字熟語ですが、好みは人それぞれという部分は「蓼食う虫も好き好き」の意味合いをよくあらわしていますね。

Sponsored Link


まとめ


今回は「蓼食う虫も好き好き」の意味と使い方について紹介しました。

人の好みはそれぞれなのでずいぶんと違いがある、という意味なのでした!


恋愛で使う場合も多く、苦くて辛い蓼を好む虫がいるように、信じられない相手を選ぶ人もいる、といった場合に、

「蓼食う虫も好き好きというからねえ・・・」

と、少し「意外」とか「物好きねぇ」のように使われます。

しかし、恋愛における人の好みなんてバラバラなのが当たり前のこと。

ええ!あんな人のどこが良いの!?

と言われても

大きなお世話!

と言いたくなっちゃうこともあります。

友達同士の冗談であれば問題ないですが、
あまりドヤ顔で使わない方が良いことわざではありますね。
(^^;

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ




スポンサードリンク


この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事




コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ