ダイオウグソクムシを水族館でみたい!都心からならドコがお勧め?

スポンサードリンク


最近、ダイオウグソクムシが話題になっていますよね!

ダイオウグソクムシは、ダンゴムシの仲間で、
名前の通り、超、巨大

平均のでかさは20 ~ 40センチ
でかいヤツだと50センチ近く巨大なものもいます(^^;


スポンサードリンク




ダンゴムシが0.5メートルですよ!?
小型犬くらいじゃないっすか∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ

き、きもっ!

・・・・と、思いきや、



意外とカワイイ・・・ (〃゜△゜〃)?

ダイオウグソクムシは、三重県にある
鳥羽水族館で飼育されていました!

Youtubeで餌やりの動画があったので紹介しますね!




う~ん、なんだかゆらゆらしてて、
すろ~り~な動きがちょっとラブリー。

でも、顔のアップはヤメテ∑(・ω・ノ)ノ

そんな、ダイオウグソクムシ。

深海にすむためか、全然、ご飯を食べないんですって!

ダイオウグソクムシの絶食期間


ダイオウグソクムシには、まだ謎が多く、
その生態や、寿命も解明していません。

海の掃除屋」とも呼ばれ、ごはんは、
海の底に沈んだ魚の死骸等を食べます。

ところが、このダイオウグソクムシ。

すごい長い期間、食事をしなくても生きていけるんです!

2014年02月14日に、鳥羽水族館で飼育されていた、
ダイオウグソクムシNO.1が死亡しました。

水族館には、2007年9月9日に来たのですが、
2009年1月2日にアジを食べたのを最後に、

5年と43日間、何も食べなかったんですって!

もちろん、月1回くらい、飼育員が
餌を与えたそうです。

でも、全然食べてくれなかったんですって!

深海で、あまり餌が取れない環境に、
適応したからなんですかね~。

なんで、ごはんも食べないで、
こんなに大きくなるのか・・・

しかも、4年以上食べてないのに、
体重は減っていないみたいです。。

ナゾです(^^;


スポンサードリンク




ダイオウグソクムシが見れる水族館


いろいろ調べてたら、
ちょっと、本物が見たくなりました(*゚∀゚)=3

今回、話題になったのは、鳥羽水族館の
ダイオウグソクムシ。

当方、関東にすんでいるので、三重はちと遠い(^^;

そこで、都内から、ダイオウグソクムシに
会える水族館を探してみました(^^

新江ノ島水族館

イルカと握手ができる水族館、新江ノ島水族館

その他、深海生物の長期飼育のために、
深海の環境を再現できている珍しい施設があります。

毎月変わる旬のテーマ水槽の
展示生物もおもしろそう~。

もちろん、ダイオウグソクムシもいますよ!

住所・アクセス

神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1




電話番号

0466-29-9960

入場料

大人 2,000円
高校生 1,500円
中学生・小学生 1,000円
幼児(3歳以上) 600円

葛西臨海水族園

葛西臨海水族園は、京王線の葛西臨海公園から、すぐの所にあります。

ここの水族館は、ペンギンがいっぱいいます!

  • フンボルトペンギン
  • イワトビペンギン
  • フェアリーペンギン
  • オウサマペンギン


  • そして、泳いでる姿もみれるんです!
    早いですよー!

    ダイオウグソクムシは、世界の海コーナー
    ラストあたりにいますよ!

    住所・アクセス

    東京都江戸川区臨海町6-2-3

    葛西臨海公園を降りてまっすぐ行った左側。

    電話番号

    03-3869-5152

    入場料

    一般 700円
    中学生 250円
    65歳以上 350円

    ※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ