ルート営業は楽?きつい?体験談やコツも紹介!

スポンサードリンク


就職活動で営業職を探していると、
ちらほらでてくるキーワード「ルート営業

ルートって言うからには、
決まったところへの営業?

なんて思うけど、実際のところ、

  • どんな仕事内容なのか

  • 楽なのか、辛いのか


  • とか、やったことないと、
    良く分からない部分が多いですよね(^^


    スポンサードリンク




    そこで!

    実際に、営業の仕事をいろいろ経験している
    管理人が、体験談も交えて、

    ルート営業について具体的に紹介していきます!

    それではさっそくいってみましょう!

    ルート営業の特徴


    営業職には、大きく分けて2種類あります。

    新しくお客さんを獲得する新規営業
    固定客既存顧客をまわるルート営業

    今回、紹介するのは後者ですね(^^

    ルート営業は、すでに取引のある会社を訪問し、
    要望を聞いて、新たな提案を行い、収益を上げます。

    新規営業にある、件数のノルマや、
    飛び込み業務はありません。

    そのかわり「お客さんが選べない
    という所がルート営業のポイントです。

    どんなにキツイくて意地悪なお客さんでも、
    うまくつきあって行かなければいけない、
    臨機応変さが求められます。



    私の経験からすると、10社あれば、1社は、
    ちょっと変わった担当さんがいます(^^;

    無理難題を言ってきたりするので、他の9社と、その1社で、
    同じくらいの労力がかかったりするんですよね
    o(_ _o)

    それと、ルート営業のみの業務の場合は、
    給料が低めに設定されていることが多いですね。

    新規営業と変わらないことも多いですが、新規営業の場合、
    獲得時にインセンティブが付くことが多いのです。

    給料が安め、ということは、
    仕事はなのでしょうか?

    さてさてどうなんでしょう?

    では次に、

    ルート営業のメリット、デメリット

    について、見てみましょう!


    スポンサードリンク




    ルート営業は楽なの?辛いの?


    ルート営業は楽なのか、それとも辛いのか。

    このへんはちょっと気になりますよね^^

    これについては、完全に業界仕事内容
    会社の社風によって、変わってきます。

    定時で帰れるところもあれば、
    提案に追われて終電近いところもあります。

    ここでは、一般的に共通している、
    ルート営業の辛い点、な点をピックアップします

    ルート営業の辛いポイント


    ルート営業のミッションは2つ

  • 競合他社にお客さんをとられないように守る

  • 既存のお客さんから売上を上げる



  • どちらかと言うと、上の方が大事です。

    でも、これって、会社からみると、
    わかりにくいんですよね(^^;

    お客さんとかなり仲良くなって
    そのおかげでサービス乗り換えを回避しました!

    その事実があっても、会社からは何も見えません。

    お客さんと仲良くなりました!

    って報告書に書いてもしょうがないですからね(^^;

    隣を見ると、新規営業部隊のエースが、

    アイツ、今月、成約○件とったらしいぜ!

    おー、すげー、さすがだね!

    なんて、評価されてたりします。

    会社が営業を見る目線は

    いくら追加で売上を上げたのか

    という事実のみです。

    そして、契約を解除されたらめっちゃ怒られます。

    ルート営業の楽なポイント


    お客さんと、どこまでもつきあっていく
    必要があるのがルート営業。

    でも、この仕事は、「売上を上げていて」「解約されなければ
    会社は何も言ってきません。

    手の抜きようも、自分のさじ加減で
    調整できるってワケですね。

    営業が会社にいると、

    こんなところで何してるんだ!

    と、売上を上げるために
    行動することを求められます。

    さりとて、やれる事はやってしまったし、
    訪問のアポイントもなし。

    こうして、喫茶店でのんびりする
    サラリーマンが生まれるわけです(笑)

    もちろん、サボりっぱなしでは、
    うまくいきっこありません。

    お客さんの信頼を「ガッ」と掴んで、
    それが安定してきたら、

    割と余裕が生まれやすいのが、
    ルート営業の利点です。

    もちろん、お客さんに何かあった時には

  • スピード感を持って即対応!
  • すぐに連絡が取れるようにする!
  • お客さんへの報告・連絡・相談の徹底!


  • というのは、どのルート営業職でも必須です
    ( ̄^ ̄)h

    では次に、

    ルート営業とは、実際にどんな仕事をするのか、

    気になりません(^^?

    こそで今回は、以前、管理人が経験した、
    パソコンソフトウェアメーカーの、
    営業活動内容について紹介しましょう。

    ソフトウェアメーカー営業の事例


    ルート営業の経験として、以前、パソコンソフトの
    メーカー営業をしていたことがあります。

    どんな仕事内容なのか、
    ちょっとのぞき見をしてみましょう(^^

    仕事内容としては、

  • 新商品発売時の流通営業

  • 電機屋さんにいって売り場のメンテナンス

  • 現場の店舗販売応援を雇ってマネージメント



  • などですね。

    商品を作ったら、直接電機屋さんではなく、
    全国に卸売ルートを持っている、流通さんに、

    ウチの商品を電機屋にたくさん卸してくださいよ~

    と、商品の魅力を売り込み、営業をかけます。



    大きなソフトウェアメーカーであれば、
    ヤ○ダ電気とかヨ○バシカメラなどの、
    バイヤーさんに直接、商談を持ちかけます。

    しかし、小さい会社だと、パワーが無いので、
    販売網を持っている大きな流通さん経由で、
    お店に商品を仕入れてもらうお願いをするわけですね(^^;

    バイヤーさんと直接話しができる環境であっても、
    全国に店舗をかまえるような電機屋さんは、
    そうそう新しくできたりはしません。

    なので、自社の新商品が出るたびに、
    メーカー営業は、流通や、電気屋さんの本部に、
    ルート営業をするわけですね(^^

    ルート営業の活動内容例


    ルート営業って決まった所の御用聞きでしょう~?

    と、という声が聞こえてきそうですが、
    ただの御用聞きでは、売上は上がりません。

    今回のソフトウェアメーカーの例でいえば、

    店舗でこんな企画を一緒にやりましょうよ~

    と、自ら企画を持ち込んだりします。

    すると、

    で、御社は何やってくれるの?
    どうして売れると言えるの?理由は?
    値引きとかしてくれるの?

    などの質問が返ってきて、商談バトルスタートです!

    見事、説き伏せることができれば、

    んー、じゃあ何本仕入れるよ!

    という話になって、そこから、各店舗に流通し、
    商品が棚に並びます。

    新商品が棚にならんだら、

    販売応援

    として、お店に実際に行って、
    イベントスペースを作ったり、販売の手伝いをします。



    実際に商品を売る」というよりは、
    店舗の現場担当者に、顔を覚えてもらったり、

    あわよくば、商品の特長を説明したりします。

    自社製品の内容を現場担当の人に、知ってもらえれば、
    お店で担当者が、お客さんに聞かれた時、間接的に、
    商品のアピールポイントを伝えられますからね!

    時には、ポップを作って送ったり、
    サンプル品を送って、使ってもらったり、

    やることはいくらでもあります(^^

    某、○○ダ電機に販促ポップ350枚を、
    手作りで作って各店舗に送った時はきつかったなー
    ( ゚∀゚)

    でも、実際に自分が活動したことで、
    売上が上がったり、

    お店の担当さんから

    ○○さんのおかげで、売りやすくなったよ!

    って声をもらった日にゃあ、
    そりゃあ、嬉しいもんですヨ(´▽`v)

    まとめ


    今回は、ルート営業特徴と、内容について、
    体験談も交えて紹介しました。

    ルート営業は、営業の仕事としては、
    比較的、時間も取りやすいのがメリットです。

    デメリットとしては、難しい担当さんにあたった時、
    逃げることができないことですね。

    あと、ちょっと孤独です(笑)

    基本、1人で顧客をまわることが多いですし、
    褒められることも、ほぼありません。

    だいたい、何か起きた時に怒られる役です(^^;

    でも、お客さんの役に立った時や、
    感謝された時は、

    営業、冥利に尽きる

    って感じで、嬉しくなります(^^♪

    営業がどんな業務内容なのか、

    ということも大事ですが、自分の好きな事を探すと、
    仕事も楽しくなっていいですよ♪

    一言でルート営業といっても、その業種は

  • 不動産
  • 医療
  • ITサービス
  • 小売
  • 食品


  • など、さまざまです。

    自分の興味のある業界の方が、やりがいもありますし、
    慣れてきた時に、ひょんなことで自分の知識が、
    役に立つことが多々あります。

    今回、管理人の体験談を紹介しましたが、
    もっと、いろいろな人の体験談をチェックしましょう!

    そして、自分の好みの業界がどこかを、
    頭にアンテナを張って探しましょう!

    きっと、あなたにピッタリの仕事
    見つかるハズですよ(゜∇^d)

    営業で転職を考えている

    なんて人は、以前紹介した、志望動機の考え方や、コツ
    まとめた記事も参考にしてくださいね♪


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ