シリコンスチーマーの使い方は?加熱時間は?温野菜も簡単に作れる!

スポンサードリンク


シリコンスチーマー。
便利ですよね~。

油を使わないで、野菜を手軽に美味しく
作れるから、家族でも一人暮らしでも便利!

コツさえわかれば、
片手間にひょひょいっと
おいしい温野菜が出来上がり!


スポンサードリンク




ユーチューブとかでも、シリコンスチーマーを
使っためっちゃおいしそうな、温野菜の動画とか
アップされてるよね!



そんな便利なシリコンスチーマー。

買ったけど棚の奥にしまったまんま~

もらったけど使い方がわからない~

なんて・・・・

もったいないことしてませんか!?

今日は、シリコンスチーマーの
使い方のコツを紹介していくよ!

シリコンスチーマーの特徴とは?


シリコンスチーマーは、シリコンでできた器。

だから、

を使う必要もなし!

お湯を沸かす必要もなし!

レンジでチンすればOK!

野菜を温めるだけなら、
プラスチック容器にラップして
チンすればいいと思うでしょう?

でも、違うんだなぁ~

シリコンスチーマーを使った方が、
なんでもおいしくチンできる。

密閉されてるから、蒸気を逃さず、
まんべんなく蒸されておいしくなるんだ!

でも、気をつけないと、せっかくの野菜が
ぱさぱさ、がりがりになることも!


シリコンスチーマーを使う時のコツは?


シリコンスチーマーを使う時のコツは・・・

  • 水をちょっと足すこと
  • レンジのワット数を確認すること
  • レシピの時間を信用しすぎないこと

  • この3つ!

    水をちょっと足すこと

    シリコンスチーマーを使う時は、
    大さじ2杯程度の水を入れてあげよう。

    野菜によっては水分が少ないので、
    固くなってしまう場合はあるよ!

    葉物やもやしなど、水分を多く含むものは、
    洗ってあげたあと、水切りをあまり
    しないで調理すればOK!

    レンジのワット数を確認すること

    気をつけたいのがレンジのワット数。

    レシピなどを見た時に書いてある
    調理時間が何ワットでチンした場合なのかを
    ちゃんと確認するようにしよう。

    温め過ぎてしまうと、
    せっかくの野菜がぱさぱさに!

    レシピの時間を信用しすぎないこと

    あとは、レシピの時間を信用しすぎない。

    あくまで参考値なので、
    冷蔵庫にあったのと、常温にあったのとじゃ
    それだけで調理時間が変わってくるからね。

    気持ち、短い時間でチンして、
    途中でふたを開けてチェックする
    癖をつけると、失敗しないですむよ
    (*゚ー゚)h


    スポンサードリンク




    調理時間の目安をチェック!

    いちおう、各野菜の調理時間の
    目安も記載しておくね☆

    出力ワットは600W想定だよ!

  • 人参1本:3分
  • もやし1袋:3分
  • 大根1/4:3分
  • 小さいジャガイモ5個:4分
  • 小さいブロッコリー1房:4分
  • かぼちゃ1/4:6分

  • 以上!

    あとは、お好みで魚介類を足して
    サラダにしてよし。

    ちょっとを振りかけてチンして、
    素材の味を楽しんでもよし。

    マヨネーズをかけて食べてもよし。

    タルタルソースなんてあればステキ☆

    温野菜にあう簡単に作れるソース!

    温野菜に合う、簡単に作れるソースも
    紹介しておこう。

    用意するものは

  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • レモン絞り
  • 塩少々
  • 胡椒少々

  • これを混ぜ混ぜするだけ!

    マヨネーズとケチャップは、
    1:1を基本に、好みに合わせて
    増減してね!

    不精なあなたに(笑)ピッタリの
    シリコンスチーマー。

    ぜひ、ガンガン活用していきましょう~

    ではまた
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ