「漢文」タグの記事一覧

  • LINEで送る

宋襄の仁の漢文!書き下し文や現代語訳について

170516_s1

「宋襄の仁」 のお話をご存知ですか? 「難しくて読み方すら分からない~!」 という人も多いのではないでしょうか。 (^^; これは「そうじょうのじん」と読みます。 ただ、読み方がわかっても、 まだあんまりピンとこないです・・・

守株の意味!漢文の書き下し文や現代語訳をチェック!

「守株」 こんな言葉を知っていますか? 「しゅしゅ」 と読むのですが、 ちょっと聞き慣れない言葉ですよね。 ちなみに女の子が髪につけるシュシュではありませんよ~。 「株を守る」 と書きますが、どんな意味なのでしょうか。 ・・・

水魚の交わりの意味!漢文の書き下し文や現代語訳を紹介

170505_s1

「水魚の交わり」 親しい間柄や仲のいい夫婦などに対して こんな言い方をすることがあります。 でもなぜ水魚なのでしょうか。 魚が泳いで交差するということが、 どんな意味を表すのでしょうか。 実はこの表現は、中国の漢文が元に・・・

鼓腹撃壌の読み方は?意味や作者、書き下し文も紹介

170429_s1

「鼓腹撃壌」 こんな言葉があります。 何だか難しい漢字の羅列で分からないですよね。 「ていうか読めないんだけど?」 なんて人も多いのではないでしょうか。 (^^; それに漢字から意味を読み取るのも難しそうですよね。 「鼓・・・

五十歩百歩の意味!漢文の書き下し文と現代語訳も

170425_s1

「五十歩百歩」 「大差ないじゃん~」 なんてことを表現する時に、 こんな言い方しますよね。 でも五十と百じゃあ倍の差がありますし、 「けっこう違うじゃん!」 なんて思いません? (^^; 正確にはどういう意味なのでしょう・・・

故郷へ錦を飾るの意味とは?四字熟語にするとどうなる?

170421_s1

「故郷へ錦を飾ることができて良かった」 たまにスポーツ選手や有名歌手などがテレビのインタビューなどでこんな言い方をすることがあります。 近年はオリンピックでもメダルラッシュが続いているので、 「あ、聞いたことがあるカモ」・・・

鶏鳴狗盗の現代語訳!意味や書き下し文も

「鶏鳴狗盗」 こんなお話しがあります。 漢字が難しくて「ナニコレ?」状態になってしてしまいそうですが 「けいめいくとう」 と読みます。 文字をそのまま読むと、 鶏が鳴いて犬が盗む? よく分からないですよね。 なんだか混沌・・・

光陰矢の如しの続きは?正確な意味や使い方もチェック!

170418_s1

「光陰矢の如し」 年月の経過をあらわす際に、 こうな言い方をしますよね。 何だかもの凄いスピード感のあることわざですが、 正確にはどんな意味を持つのでしょうか。 また、「光陰矢の如し」には続きがあります。 最期まで読むと・・・

逆鱗に触れるの意味とは?どんな部分なの?由来となった漢文について

170417_s1

「逆鱗に触れてしまった・・・」 よく誰かを怒らせてしまったときに、 このような言い方しますよね。 普通の怒らせるではなく、 もう取り返しのつかないほどキレさせてしまった。 こんなイメージがあります。 できれば使いたくない・・・

鶏群の一鶴の意味とは?読み方や使い方も紹介

170416_s1

「鶏群の一鶴」 こんなことわざがあります。 「鶏」と「鶴」の漢字が入っているので、 「鳥が関係する言葉なのかな?」 というのは想像できますが、 どんな意味なのか。 パッと聞くとあまりイメージが浮かびませんよね。 そもそも・・・

窮すれば通ずの意味!易経だとどうなる?漢文と口語訳も紹介

170409_s1

「窮すれば通ず!」 困ったときや絶体絶命のときなどに、 こんな言葉を使うことありますよね。 「困窮」の「窮」なので、 困ったとか。 ピンチとか。 そんなイメージは分かるのですが、 具体的にはどんな意味なのでしょうか。 こ・・・

窮鼠猫を噛むの意味と使い方!由来はどこから?英語での表現も

170406_s1

「窮鼠猫を噛む」 ピンチのときの一発逆転をあらわすとき、 こんな言い方をしますよね。 必死に戦う情景が伝わりますが、 ネコとネズミ。 と考えるとちょっとほのぼのしちゃいますね。 ネズミにとってはそれどころではないかと思い・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ