アサインの意味とは?ビジネスで使われるときのニュアンスとは?

会社で仕事をしていると、会議の予定を入れるときなどに、

アサイン

という言葉が使われたりします。

null

何となくこの言葉が使われる際のニュアンスは伝わってきますが、

上司が支持を出すときに使うなど、
ビジネスシーンではさまざまな意味で使われたりします。

この「アサイン」という言葉、
実際にはどのような意味なのでしょうか?

また、本来の意味合いとビジネスの場面におけるニュアンスとでは、
どのような違いがあるのでしょうか?

今回はアサインの意味や使われ方について紹介します。


スポンサードリンク




さまざまなニュアンスを含む「アサイン」


アサインというのは英語の、

assign

のことで

  • 割り当てる

  • あてがう

  • 与える

  • 任命する

  • 指定する


  • という意味合いがあります。

    英文の意味として使うときは、

  • 学校で宿題を出すとき

  • 会社で部署に任命するとき

  • 航空会社で席を指定するとき


  • などに使われます。

    null

    実際に日本でもビジネス用語IT用語として日常的に使われています。

    それでは、それぞれの場面でのニュアンス、
    意味合いなどを紹介していきましょう。

    分配する、割り当てる

    仕事を分配するときや、仕事の担当を決めるときなどに、

      あなたを担当者としてアサインします

    というように使います。

    割り当てる、という動詞なので上司など上の立場の人間が使うことが多いですね。


    スポンサードリンク




    (ある部署に)任命する

    部署を移動するときや、昇進したときなど、

      君は営業部署にアサインすることにした

    というように使います。

    指定する

    指定という意味なので対人間にも使いますし、
    チケットや席などに対しても使うことがあります。

    旅行会社などでは、

      シートは窓際でアサインしておいて

    のように使ったりします。


    また、コンピューター関連業界でもよく使われる言葉で、

  • 特定の機能や処理

  • 役割などを指定するとき

  • ファイルや形式を指定するとき

  • 一定の操作をするとき


  • に対して使うことがあります。

    委託する

    アサインは業務委託などの場面でもよく使われます。

      アサインして頂けるのはこちらの企画でしょうか

    というように使います。

  • 企業と企業の間に入る仲介会社

  • 委託の多い建築関係

  • 不動産関係


  • などでよく使われたりします。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回はアサインの意味について紹介しました。

    ビジネス用語、IT関係、コンピューター関係の世界でよく使われる言葉ですが、
    ビジネスの場面であっても状況によっては、

  • 任命

  • 指定

  • 委託


  • などニュアンスが微妙に異なってきます。

    自身で使うときももちろんですが、
    会話の中で使われた際も、正しい意味合いとして
    受け取れるようになりたいものですね。

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ