中国バブル崩壊の足音・・・中国バブルはなぜ起きた?

シャドーバンキングとは


前回は、中国の格差社会と
汚職と腐敗
についてお話しました。

今日は、汚職と腐敗がもたらした、
中国バブル崩壊についてのお話です。


→中国 汚職と腐敗による格差社会の現実
(過去の記事へリンク)


中国バブル崩壊のお話に欠かせないのが
シャドーバンキング」の存在。

一部の中国官僚さん達が得た灰色のお金は、
綺麗にする、もっと増やすなどの理由で
ロンダリングされる。

シャドーバンキングは通常の銀行ではなく、
投資や、ヘッジファンド、証券化する為の
特殊な金融業態の総称。


金融局が把握しにくく規制が緩い上、
レバレッジ(無いお金をあることにして倍率ドン!すること)
をかけて資産を運用することができるんだ。

お金があるから不動産に投資する。

シャドーバンキングが資金を調達してビル群を乱立。

需要が無いので誰も住まない。

ゴーストタウンだらけ。

そんな悪循環が中国の至るところで
見受けられる。



スポンサードリンク




中国バブル崩壊の理由


そもそもなんで中国が、
そんなに経済発展を遂げたのか。

もともと、そんなに裕福な国ではなかったのに、
ここ10年くらいでびっくりするぐらい
豊かになったように見える。



外国の製造の工場として、
下請けで貯めた金額にしては、
経済規模が大きすぎる。

ってことは、どっかから
イケナイお金が入ってきたのでしょう。





スポンサードリンク




リーマン・ショック後の世界

ちょっと目を移してアメリカを見よう。

リーマン・ショックにより不景気になった
アメリカは何をしたか。

まず、お金をジャブジャブ刷った!
そして、国民に還元する。

すると、金利が下がったり、会社が
設備投資しやすくなるので雇用が増える!


働く人が増えれば、税金が増えるので
税収が増えたら、お金を刷った時に
かかった借金を返済!

って流れ。

これが中国のバブルにも大きく影響している。


スポンサードリンク




中国に投機マネーが増えたわけ

中国では、その増えたドルが国内に
流入してきた時にすべてそれを買い上げた。

そうすることで人民元の対ドル交換レートが
高騰するのを抑えることができるからだ。




そして増えた外為資産を信用担保として
同じくらいの規模で人民元をじゃんじゃか刷る。

増えたお金は、中国の政府が持っている
銀行などの金融施設にどっと流れる。


そしてそのお金は使う為に使われ、
いらない不動産やマンションが立ち並ぶ。

建物を建てれば、役人はワイロをもらって
ほくほくできるし、家を建てる人の仕事も生まれる。

ついでに家を建てる人も、
手抜き工事で、余ったお金をフトコロに。


スポンサードリンク




中国 不良債権率がヤバイ


作った建物が売ればければどうなるか。

そりゃぁ、金融機関がお金を回収できなくて、
銀行が潰れちゃう。

でも、問題はその金融機関が国のものってとこ。



だから中国は、アメリカがお金を刷るのを
ちょっとでも押さえようとするとすごい怒る。

だって、それを止められたら、
一瞬でバブルが崩壊して国には借金だけが残る。

日本でもバブル崩壊後、銀行などの不良債権
話題になった。

でも、すっごいヤバイ時でも10%くらい。
今は5%くらい。

それでも、日本の銀行は吸収・合併を繰り返し
三菱東京UFJになったし、みずほ銀行にもなった。

ところが、中国の不良債権率は
一説によると50%以上。


自浄機能があるとは思えないし、
中国の銀行はすでに事実上すべて破たんしている
といっても過言ではないデショウ。

中国 不良債権

中国バブル崩壊 影響はどれくらい?


中国バブルは絶対崩壊する。

いつかはわからないが、
そう遠くない未来に崩壊する。

奥さんに黙って作った借金が、800万でバレるか、
3000万でバレるかの違いと一緒。

一度バレたら、返す為の策を考えなければいけないし、
奥さんの信用を取り戻す努力もしないとね。

中国 不良債権
信用を取り戻せないと「離婚」になるけど、
国と国民の場合、どうなるんだろう。

格差社会や、既得権益に対して
不満もたまってるから、タダじゃすまないよね。。

でも、中国バブルの崩壊は、
どれくらいの影響があるんだろう。


実はこれ、短期的には中国以外の国には
そんなに影響はないんじゃないかとみられているよ。

なぜなら、中国はグローバル化があまり進んでなくて、
金融的には閉ざされた社会
になってるんだ。

中国国内のゼロサムゲームじゃないけど、
無いものをあるものの用に見せて
お金を稼いでるだけだからね。

隣のウチにお金を貸してて、
返せません!っていったらマイナスだけど、
そもそも貸して無いし。てなら影響ない。

今もそうだけど、個人のレベルでも、
外貨為替で、人民元を買うこともできないし、
中国の会社の株式を買うにもえらく敷居が高い。


でも、中、長期的には、アジア全体の
輸出、輸入が滞るから、日本でも不況の
冷え込みが悪化する可能性が高いね。


中国 不良債権
それよりも、バブルが崩壊したら、
さすがに共産党の一党独裁
難しくなるんじゃないかな。

暴動か、革命か、わからないけど
歴史的にもとても大きな事件が
おこるのではないかと思うよ。


好景気があった後は不景気になるし、
悪いことしたらバチが当たります。

願わくば、じょじょに悪いところを
改善していって、中国の人が
住みよい国になってくれたら良い
のだけれど。ね。




スポンサードリンク


この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事




コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ