千切りキャベツの上手な保存方法!冷凍で料理の時間を大幅カット♪

スポンサードリンク


千切りキャベツ

家族が多ければ多いほど・・・・
その都度作るのがすごく面倒です!

でも!

千切りキャベツを上手く保存して、

いつでも必要な時に出せる!

そのように出来れば、
忙しい時にはすごく助かりますよね。
(^^ゞ

null

でも、千切りキャベツは適当に保存してしまうと、

  • 茶色く変色してしまったり
  • シナシナで食感が悪くなってしまったり

  • ・・・

    どうやったら千切りキャベツを上手く保存できるのか?

    と、いうことで!

    今回は千切りキャベツの上手な保存の仕方について、ご紹介したいと思います。

    それではさっそくみていきましょう!


    スポンサードリンク




    千切りキャベツの保存方法について


    千切りキャベツを保存する場合、冷蔵冷凍の2つの方法があります。

    まず、冷蔵で千切りキャベツを保存する方法を見てみましょう。

    冷蔵保存方法

    千切りキャベツを冷蔵で保存する時には、水をはったボールの中に、
    千切りキャベツを入れて浸しておくと良いと言われています。

    その際、

    千切りキャベツの変色を防ぎたい場合には、
    酸化予防のために、レモン果汁お酢を少量混ぜるのが有効です。

    ボールの水は、そのまま何日も放っておくのではなく、
    出来るだけ毎日交換をしたほうが安心です。

    冷凍保存方法

    そして、冷凍庫で千切りキャベツを保存する場合。

    レモン果汁で変色予防をした後に、水気をしっかりキッチンペーパーなどで
    ふき取った状態で、保存パックに入れる必要があります。

    水気が残ってしまうと、冷凍した時に千切りキャベツが
    水っぽくなってしまうので気を付けましょう。


    スポンサードリンク




    保存期間について


    では、保存したキャベツはいったいどれくらいもつのでしょうか。

    次に、千切りキャベツの保存期間について見てみましょう。

    冷蔵保存の場合

    冷蔵保存の場合は、千切りキャベツは2~3日です。

    ただし、長時間水の中に千切りキャベツを入れていると、
    水の中にビタミンCなどの栄養が溶け出してしまうのが難点です。

    水をはったボールに千切りキャベツを浸して保存する方法は、
    栄養を考えた時には、あまりお勧めできません。

    キャベツの栄養までしっかり考えるのであれば、
    やはり直前に千切りキャベツにしたほうが安心です。

    冷凍保存の場合

    一方、

    冷凍保存の場合は、生のままだと1週間くらいは保存できますが、
    時間が経つほど鮮度が落ち、千切りキャベツのシャキシャキ感が失われてしまいます。

    そのため、保存した千切りキャベツは、出来るだけ早く使い切った方が安心です。

    Sponsored Link


    冷凍キャベツの上手な使い方


    さて、ではその時ではなく、千切りして保存したキャベツは、
    いったいどのように使うとおいしくいただけるのでしょうか。

    冷凍したキャベツは、解凍した時にシャキシャキ感がなくなってしまいます。

    なのでサラダを作るのであればコールスローのように、
    他の具材と混ぜるタイプがおすすめです。

    また、冷凍保存の千切りキャベツは、スープ肉巻き
    具材にして食べても、美味しく食べることができます。

    柔らかい千切りキャベツが好きな人の場合は、
    冷凍保存した方が、キャベツが食べやすい場合もあります。

    また、冷凍保存した千切りキャベツは、
    お好み焼きに使うのもおススメです。

    お好み焼きだと火をしっかり通すので、
    サラダで食べるより冷凍臭さも気になりません。

    冷凍保存する場合、冷凍臭さを気にする人もいます。

    なので、臭いが気になる人は、火を使って
    冷凍した千切りキャベツを使うようにするのがおすすめです。

    Sponsored Link


    まとめ


    千切りキャベツはまとめて作り、
    冷凍でも冷蔵でも保存しておくことが可能です。

    ただし、千切りキャベツは変色しやすいため、
    酸化を防ぐためにはレモン果汁お酢を使うのがおすすめです。

    また、水をはったボールに千切りキャベツを入れて冷蔵保存する場合は、
    水溶性ビタミンが水に流れ出てしまうため、栄養価が落ちてしまうので注意をしましょう。

    そして、冷凍保存した場合は、千切りキャベツの
    シャキシャキンが落ちてしまう為、料理方法を選ぶ必要が出てきます。

    栄養価も鮮度もキープして、千切りキャベツを生食したい場合は、
    やはり面倒でも直前に千切りキャベツを作った方が良いです。

    ただし、

    お好み焼きスープのように、千切りキャベツの食感をさほど必要としないお料理には、
    冷凍した千切りキャベツは使い道があるのでおすすめです。

    今後の献立スケジュールを何にするかによって、保存方法をチョイスすると、
    いっきにキャベツの千切りをしておくことによって、
    後で楽をすることができますよ!
    (。・∀・)ノ

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ