余った革はぎれの使い道は?ハンドメイドの小物アクセサリーをあまりの革はぎれで手作り♪

スポンサードリンク

手芸屋さんでまとめ売りされている革はぎれ
安いですし、色んな色が入っていて、何を作ろうかわくわくしますね。

でも、小物を作った余り・・・言わば

「はぎれの革はぎれ」

どうしていますか?

こんなに小さいと使えないし、切れ端は捨てちゃおう~

ポィッ!! (・ω・。*)ノ ゜ 。

なんて捨ててませんか?

って、ちょっとまったぁ!!

小さな切れ端も、立派な小物アクセサリーになるんです。

今回は、革はぎれをできるだけ残さずに、使い切るアイディアをご紹介します。



スポンサードリンク




革でリボンを作るアレンジアイディア


リボン型は色々なものに作ることができます。
まずはリボンの作り方をご紹介します。

null
作り方

  1. 長方形の革を輪にして留める。

  2. 輪にせずリボンにしてももちろんOKです。
    色んな形で作ってください。
    また、下に垂れる部分を作ってもかわいいですよ!

  3. 真ん中をシリコンゴムか糸で仮止めする。

  4. ぎゅっとしない形のリボンもあるので、ここはお好みで。

  5. 細い革(リボンやレースでも可)で巻いて完成です。

リボンは大きさを変えて作れるので、はぎれをとことん使い倒してください!

アレンジアイディア

では、この出来上がったリボンをヘアアクセサリーや小物にしてしまいましょう。

アイディアいろいろ

  • 3の時に輪にしたゴムを入れ込んでヘアゴムにする。

  • 3の時に丸カンを入れ込む。
  • キーホルダーやピアスにできます。
     丸カンを上下につけた場合、下にビーズやチャームを下げられます。

  • 小さなリボンを台付きのヘアピンに貼り付ける。

  • カチューシャにリボンを貼った後、貼り付ける。

  • ブローチ台に接着剤で貼り付ける。

  • 大きなリボンとフェルトでパッチンピンをはさみ、スリーピンにする。

    • スリーピンとは

      もともと、ぱっちんどめの別な呼び方です。

      最近よく使われているのは、飾りとフェルトに挟まれたようなパッチンピンです。
      切り込みを入れてピンの表側を飾り側で隠し、
      接着剤で貼り付けたものことを言います。

      「sleep pin」

      と言い、髪を寝かせる落ち着かせるという意味で
      髪が乱れないようにまとめるピンのことを言います。

    革で作ったリボンのアクセサリーは、大人でも子供でも使えます。
    おそろいでぜひ作ってみてくださいね。



    スポンサードリンク




    革タッセルを作ったアレンジアイディア


    今はやりのタッセルを、革で作って色々なものにしてみませんか?
    まずは簡単な作り方を見てみましょう。

    null

    革タッセルの作り方

    1. 長方形の革の上1cmほどを残して均等に切込みを入れる。

    2. 2mm幅くらいだとキレイです。

    3. 細長い革を輪にして内側に入れ込み、木工ボンドを付けながらくるくると巻く。

    4. 巻き終わったら1cm幅の革で上の部分をくるむようにボンドで貼り付ける。

    5. 金具をつけたり、あえてつけずにそのままでも雰囲気があります。


    キーホルダーストラップ、小さいものだとピアスイヤリングにするとおしゃれなポイントになります。

    合皮スエードで作っても雰囲気が変わってかわいいですよ~(*´ω`*)

    Sponsored Link


    細長いはぎれはマジック編みにしてみよう!


    マジック編み(トリック編み)という方法があって、とても凝って見えます。
    この方法でブレスレットやキーホルダーにするととっても素敵ですよ!

    マジック編みの編み方

    1. 細長い長方形の革に2本切り込みを入れます。
    2. 3回普通に三つ編みをします。
    3. ねじれた下の方をほぐすため、右と真ん中の間にくぐらせます。
    4. また3回編み、下の方を左と真ん中の間にくぐらせます。
    5. 1~4を繰り返します。

    言葉では少しわかりにくいので、わかりやすい動画を貼り付けておきますね!



    最初は少し混乱するかもしれませんが、慣れると楽しく作れます。

    両端に穴をあけ、ゴムひもを通したり、
    アメリカンホックを付けたりするとブレスレットができます。

    カシメでリングを留めればキーホルダーにもなります。

    男性にも使っていただけるデザインなので、
    プレゼントにもおすすめですよ。


    マジック編みもできないほど細い革はぎれの場合、レースなどで飾って
    ブレスレットにしてみましょう!

    null

    これでも残った小さな革はぎれは、穴をあけてピアスにしましょう。
    いくつかをコットンパールと組み合わせてネックレスにしてもかわいいですよ。

    Sponsored Link


    まとめ


    今回は革はぎれを残さず使い切るアイディアアクセサリーをご紹介しました。

  • 大きさを変える
  • レースなどの飾りを付ける
  • 色の組み合わせを変える
  • スタンプを押す

  • などでかなり色々作れます。

    はぎれを使い切ると、なんだかとってもやり切った感じがして、すっきりしますよ!
    ゴミも少なく、エコですよね。

    ぜひ活用してみてください!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ


    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ