「百聞は一見に如かず」の続きって知ってる?意味や使い方もチェック!

スポンサードリンク


百聞は一見に如かず

よく、小説や映画で結構使われる言い回しですよね。

「実際に見てみないと本当のことはわからない」

という意味で使われたりしますが、

実はこの、「百聞は一見に如かず」の続きがあるって知ってますか?
|・ω・)

null


何気なく使っていることわざにも、
実はふか~い、意味や意図があったりします。

ということで!

今回は、このことわざの本当の意味や、
使い方についてまとめました。

それでは、さっそくみていきましょう!


スポンサードリンク




「百聞は一見に如かず」の意味


まずは、基本的な意味からチェックしておきましょう。

    百聞は一見に如かずの意味

    百回聞くよりも、たった一度でも自分の目で見たほうが確かだという教え。


何度くり返し聞いたとしても、たった一度実際に見ることには及ばないという意味で、いくら立派な先生に何百回もの講義を受けても、たった一度自分の目で実際に見る方が本質を理解しやすい、というような場合に使います。

これは中国の書物である、

漢書 趙充国

に出てくる逸話が元になっています。

null

漢の宣帝が反乱を起こした遊牧民族を鎮圧しようとしました。

そのために、趙充国に必要な戦略と兵力を尋ねたときに、充国は

「遠く離れた場所で戦略は立てにくいので、現地に行って実際に見たものを地図に描き、策略を申し上げたいのですが」

と許しを請いました。

これが「百聞は一見に如かず」の元となっています。


スポンサードリンク




「百聞は一見に如かず」の続きについて


以上が「百聞は一見に如かず」の意味と由来なのですが、実はこの話には続きがりました。

元々の「漢書 趙充国」には「百聞不如一見」の続き部分はなかったそうなのですが、この言葉に感銘を受けた後世の人々が付け足し、続きが作られたそうなのです。

「百聞不如一見」の続き部分は以下のようになります。

    百聞不如一見
    百見不如一考
    百考不如一行
    百行不如一効
    百効不如一幸
    百幸不如一皇

むー。

漢文だけ見てもよく分かりませんよね。

何が書いてあるのかというと、

百聞は一見に如かず、
百見は一考に如かず、
百考は一行に如かず

~のように、後の行動は前の行動を上回るという感じで続ていきます。

つまり現代語に直すと、

  • 百回聞くことは一回見ることに及ばない。

  • 百回見ることは一回考えることに及ばない。

  • 百回考えることは一回行動することに及ばない。

  • 百回行動することは一回成果をあげることに及ばない。

  • 百回成果をあげることは一回幸せを掴むことに及ばない。

  • 百回幸せを掴むことは一回周りを幸せにすることに及ばない。

となります。


ちなみに「効」というのは「効果」という意味。
なので「成果をあげる」という意味になります。

ややこしいのが「皇」ですが、これは「皇帝」意味しています。

つまり国をおさめる人物という意味なので、民のことを考える人、みんなの幸せを叶える人という意味になります。

Sponsored Link


使い方や類語


百聞は一見に如かずは、ただ聞くよりも実際に目で見てもらうことの重要さ、理解の早さなどを説明したいときに使うことが多いです。

使い方の例を挙げてみましょう。

    例文

    「間取り図ばかり見ていないで実際に物件を見に行こうよ。百聞は一見に如かずだよ」

    「本当に素敵な女性だから一度会ってみると良い。百聞は一見に如かずと言うだろ?」

こういった使い方ができます。

同義語について


「百聞は一見に如かず」と似た言葉についてもチェックしてみましょう。

同義語としては、以下のようなことわざがあります。

「聞いた千遍より見た一遍」
「聞いた百より見た五十」
「論より証拠」

この辺りは、聞くことより、見ることの重要さや、議論よりも確かな証の方が勝るといった意味合いが「百聞は一見に如かず」と共通していますね。

英語で言うと?


英語に直した場合はどのようになるでしょうか。

「百聞は一見に如かず」を英語に直すと、以下のようになります。

    one eye-witness is better than many hearsays

ただ、この訳だと少し硬くなってしまうので、もう少しフランクに使いたい場合は

    Seeing is believing
    (見ることは信じること)

といった言い方も可能です。

Sponsored Link


まとめ


今回は「百聞は一見に如かず」の続きや使い方について紹介しました。

「百聞は一見に如かず」は百回聞くよりも、一回見た方が確かであるという意味でした。

いかつい印象がある言い回しですが、中国の漢文から来ていました。

よく聞くのは、「百聞は一見に如かず」の短文だけですが、実は続きもあり、見ることより考えることが確か、考えることより行動することが確か~と続いていました。

百回聞く < 一回見る
百回見る < 一回考える
百回考える < 一回行動する
百回行動する < 一回成果をあげる
百回成果をあげる < 一回幸せを掴む
百回幸せを掴む < 一回周りを幸せにする

それだけ、周りの人を幸せにすることは難しいということですね。

うーん。
含蓄のある言葉です。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ


スポンサードリンク


この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事




コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ