全国のお雑煮の違いは?白味噌やあんこなど

スポンサードリンク


この間、関西の友達と話していて
話題に出たのがお雑煮。

お雑煮っていえば、正月に食べる
お餅野菜を入れて・・・



そこで友達が一言。

それはお雑煮じゃないよ!

えっえっ?どういうこと?

さっそくYoutubeでお雑煮を
しらべてみると・・・。

あったあった、これは仙台の雑煮みたい。



お雑煮にいくらが乗ってる~!!?

どうやら当たり前だと思っていた
雑煮の具は、地域によって違う模様。

ちょっと気になったきたので、
雑煮について調べてみたよ!


スポンサードリンク




お雑煮の由来は?


そもそも雑煮を食べる文化は、
いつから始まったのか?

どうやらお雑煮は、江戸時代に武士が、
祝宴を催す際に出される、大事な料理だったみたい!

と、いうのも、

(=)を持ち(=)上げる」

ということで、その武家の家が長く繁栄するように、
正月に縁起ものとして料理するものだったようだよ!

ま、これも1つの俗説だけど、なるほど、
お雑煮には菜っぱが入ってるよね!

江戸時代から始まった、お雑煮の文化だけど、
地方によって、ずいぶんがあるよね。

では、さっそく本題の、全国のお雑煮、
変わったお雑煮についてみて行こう!

関東のお雑煮は?


関東のお雑煮は鶏をベースに、お酒、お塩、
薄口しょうゆであっさりとしたすまし汁が多い。

だしは、昆布、鰹、煮干しなど、
さっぱりしたものが中心になるよ。

雑煮の具には豆腐里芋に、
小松菜シイタケを入れる。

餅は別途焼いた角餅をぽんと入れて出来上がり。

透き通ったすまし汁が特徴的だね。


関西のお雑煮は?


関西のお雑煮は白味噌仕立て。
餅も、丸餅をポンと汁の中に入れて煮るだけ。

だから、お雑煮っていっても、

いつもの味噌汁に餅が入ってるだけ~

って感覚なんだってさ!

実際は、角餅を焼いて入れる方が、
後から江戸ではやった方法。

丸餅を入れる方が、京都発の
古風なお雑煮の作り方なんだって。

だから、関西の方では、お雑煮に丸餅を
入れるのが一般的になっているよ。


具は、 山村なら山の幸、漁村なら海の幸など、
その土地の産物が入るみたいだね。

逆に、正月のプレミアとして、
普段食べられない「塩ブリ」や
塩鮭」を入れるところもあるよ!

奈良県では、餅にきな粉をつけて食べるとか!

きなことお雑煮か~。
ちょっと、食べてみたいな。


スポンサードリンク




お雑煮にあんこが入るのは香川県!


香川県のお雑煮は、みそにあんこを混ぜるという、
ちょっとえきぞちっくな組み合わせ!

ちょっと、想像しにくい組み合わせだけど、
地元の人曰く、一度なれるとやみつき
なる味なんだって!

煮干し大根白みそあんこかぁ~。
おいしいならちょっと興味はあるけど、、

どうなのかなぁ。


沖縄にはお雑煮はない!


そして、これも初めて知ったけど、
沖縄には、お雑煮はないんだって!

と、いうのも、お雑煮が広まったのは江戸時代。

その頃、沖縄は琉球王国なので、
お雑煮が広まることはなかったようだね。

代わりに、沖縄では、盆・正月のお祝い事に、
豚の内蔵を煮た「中身汁」を食べるよ!

中身汁」は、豚の内臓(モツ)としいたけや、
こんにゃくが入ったお吸い物。

えっ、内臓??

って思うかもしれないけど、ちゃんと内臓の
下ごしらえをすれば、臭みが抜けて、
あっさりとした味わいになるんだって。

まとめ


今日は、全国のお雑煮の
違いについて紹介したよ!

何気なく「これがお雑煮」と思って
食べていたけど、地域によってずいぶん違うんだね!

個人的には、あんこが入ったお雑煮は、
一度食べてみたいな~。

あまじょっぱいのかな。

みなさんも、違う地域出身の友達がいたら、
今年は、お互いの雑煮をふるまいあってみる。

なんてのも面白いかも!?

ではまた
(*゚ー゚*)ノ


スポンサードリンク


この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事




コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ