年金を未納だとどうなる?時には強制徴収も!

年金シリーズ第3弾!

前回は年金の納付状況にについて紹介しました。

まだ読んでない人、
内容が気になる人はこちらをクリック☆



年金 未納の人が急増!?原因は?

今日は、年金を未納にしてしまった場合に
どーなってしまうのか。

エッ!?強制徴収もありうるの!?
追加で払えるの?方法は?



そんな疑問にお答えしましょう!

年金が未納の時のデメリットは、
前章で話したような、老後・遺族・障害の
保証が受けられなくなることがあるんだ。


後、年金は納付が義務になっていることから、
最悪、強制徴収されることもありうるよ。

強制徴収の対象になると、
今まで滞納していた国民保険料だけでなく、
滞納分に延滞金(年利14.6%)上乗せされるんだ!


スポンサードリンク




年金 強制徴収される場合って?


でも、実際に年金の未納分を
強制徴収されることなんであるんだろうか。

・・・・

あるんです!それが。

平成18年には年金未払いによる
差し押さえ件数が約10,000件以上も!

でも、払ってなければだれでも
捕まるわけではないよ。

払ってくださいねーって連絡がきて、
それでも払わなくて、最終催促も無視すると
ついに差し押さえの連絡がくる。

ちなみに対象となるのは国民年金保険料を
払える所得や資産
があっても督促状を
無視し続けて
払わなかった場合。

お金があまりない人のところへは、
強制徴収にはこないよ。

年金 未納

年金 免除制度もあるよ!


払わないんじゃなくて、
払えない場合はちゃんと申請しよう。

たとえば、国民年金であれば、
もらううためには通算25年間以上
保険料を納める必要があるよね。

でも、免除納付猶予の手続きを行っておけば、
対象となる25年にその期間を追加できるんだ。

そればかりか、免除してもらった期間でも、
手続きをしていれば老後年金を受け取る際に1/2分を
受け取ることができるよ!



スポンサードリンク




ただし、学生だから免除してもらった場合と、
収入がなくて30歳まで免除してもらってた場合は
25年の期間には加えられるけど、
もらえる年金には追加されないよ!

これも期間限定平成27年の6月までの特権。
免除申請をしてない人はやっといたほうがいいよ!

ダンナに万が一、不慮の事故があった場合も、
遺族年金障害年金も手続きしてれば大丈夫
(´▽`v)

年金 未納

年金 追納もできる


おっ、やべぇ、、
年金納めてなかった。

なんて人も、年金は2年までさかのぼって
追納(ついのう)することができるよ!

ちなみに、通常2年たつと時効になって、
年金をはらえなくなるんだけど、
今だけ実は特別期間。

平成24年10月1日から平成27年9月30日までは
申しこめば事後納付できるようになってるよ!


対象となるのは、過去10年以内の未納期間のみ。

払ってなかった期間がある人は、
国民年金だけでも納めておくといいかもね☆

でも、払ってない期間が長いと、
結構な額になってくるので、
ちょっと悩んじゃうよね。。

次回は、年金を払うことによって
受けることのできる恩恵について、
ちょっと詳しく紹介していくよ!




スポンサードリンク


この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事




コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ