ブラック企業の特徴とは!?面接での見分け方は?

就職活動中の人には是非ともチェックしておいてほしい、
今回のエントリーは、ブラック企業について。

ブラック企業とは簡単に言うと、
入社を勧められないような会社。

定義としてはこんな感じかな。

  • 労働法やその他の法令に抵触している。

  • 健康面や、規定の労働時間を無視して労働を強制する。

  • パワハラが蔓延している。



  • あと、ブラック企業の主な特徴はこれだね。

  • 社員がどんどん辞めていく

  • 残業がやたら多い

  • 寝袋が支給される





  • 要するに気持よく仕事ができない環境が
    整っている会社ですね^^;。

    ブラック企業として話題の会社


    就職活動中のみなさんなら、
    もう耳に入ってるかも!?

    でも、ま、新聞やテレビで話題になっている、

    ブラック企業じゃないの!?」と言われている会社と、
    その理由について、見て行ってみよう。

    会社が儲かっていても、会社が大きくても、
    残念ながらブラック企業は存在するんだ。
    ちまたで噂になってるいくつかの会社を紹介するよ。

    ブラック企業 ユニクロ

    昨年は銀座店や新宿のビックロをオープンしたり、
    中国などの海外出店がうまくいっているユニクロ。

    売り上げも上場で、経営の調子はよさそう。
    でも労働環境はどうなんでしょう。

    月240時間以上の労働は不可!残りはサービス残業

    月240時間を超える労働は「存在しない扱い」となって
    必然的に「サービス残業」になっているようだ。

    しかも、新入社員の使い捨てが問題になっていて、
    入社後3年以内に50%以上が離職
    休職者の42%がうつ病などの精神疾患と報じられてるよ。

    ブラック企業 ワタミ

    社訓は「365日24時間死ぬまで働け」、「出来ないと言わない」など
    まぁ、心意気はわかるけど、社訓にするとちょっと怖い。

    入社内定者に配布される資料にも、
    勤務時間については「勤務時間そのもの」に捉われることなく
    仕事をしよう。とあるから驚き。

    時間外労働で抑うつ症状となって
    入社3カ月の女性社員が
    飛び降り自殺してしまったケースもあるよ。

    ブラック企業を見抜く方法


    でもやっぱり怖いのは、自分がブラック企業に
    勤めちゃうことだよね!

    よぉく五感を研ぎ澄ませて感じれば、
    ブラック企業を見抜くことができるよ!

    ブラック企業を面接で見抜け


    勤務条件や待遇を説明せず、やってほしいことばかり言う

    ちゃんとした雇用条件や、労働条件を説明しない
    会社は結構な確立でNG!

    面接がえらく少ない場合や、即決しようとするところも
    結構怪しいぞ!

    社員の態度に注意!

    面接官の態度ももちろんだけど、
    受付の人や、すれ違った社員の人も要チェック!

    ぞんざいな対応や横柄な対応たっだりすると、
    あやしいぞ!

    社外の人に対してですら、悪い態度なら、
    社内はもっと・・・。



    スポンサードリンク





    ブラック企業をインターネットで見抜け


    掲示板でチェック!

    参考までの情報として、あるようなら
    2チャンネルをみてみよう!
    「企業名+2ch」と入力すればOK!

    基本悪口ばかりだが、その量や内容に注目しよう。
    たたかれてる会社を擁護するような書き込みが
    相次いでいたらちょっとあやしいぞ!

    求人情報でチェック!

    求人広告を定期的にみてみて、
    ずっと求人しているようだと怪しいぞ!

    雇ってるけど辞めていって、絶えず募集しているか、
    なんらかの理由でみんな行きたがらないかである
    可能性が高いぞ!

    それでも、外からでは完全にブラック企業を
    見分けることは難しい。

    なるべくなら係わり合いになりたくないところだが、
    こればかりは運の要素もおおきいだろう。




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ