寒の戻りとはどういう意味?手紙での使い方もチェック!

天気予報などを見ているとたまに、

寒の戻り

という言葉を聞くことがありますよね。

言葉の響きや漢字のイメージで何となく寒そうな言葉なのは分かりますが、
どんな意味なのかハッキリこたえられるか・・・というと。

けっこう曖昧だったりしますよね。
(^^;

この言葉は、手紙の冒頭の挨拶文などでも使われたりします。

null

今回は「寒の戻り」について、

  • どのような意味・由来があるのか

  • 実際に手紙などでどのように使うのか


  • などを紹介します。

    それでは、まずは意味からチェックしてみましょう。


    スポンサードリンク




    寒の戻りってどういう意味?


    寒の戻りとは、

    じょじょに暖かくなってきた晩春のころ、
    一時的に寒さがぶり返すこと。

    をいいます。

    桜の咲く季節に寒さがぶり返す

    花冷え

    と似ているようですが桜の咲く季節に使う花冷えとは違い、
    寒の戻りは立春以降の寒さを表すのに用います。

    null

    ちなみに立春以降、寒が空けてもなお残る寒さである、

  • 余寒

  • 残寒


  • とは同様の意味で使われています。



    立春以降、急に寒さがぶり返すことってありますよね。

    覚えがある方には、

    あ~、あれが寒の戻りっていうのか

    と納得していただけるかもしれません。
    (^^ゞ

    しかし、何故寒の戻りなんていう現象が起こるのでしょうか?


    スポンサードリンク




    寒の戻りが起きる時期は?なぜ起きるの?


    なぜ寒の戻りが起こるのかというと、
    日本海低気圧で暖かい南風が吹いたあと、
    再び寒冷前線が来て寒い北風とともに気温が急降下するので、
    立春後に寒さがぶり返すのです。

    立春後とはいえ、日にちが空きすぎると寒の戻りは起きないので、
    立春である2月4日以降の数週間以内であれば起きる可能性が高くなります。

    ちなみに4月後半から5月にかけて吹き荒れる、
    大風メイストームと現象自体は似ていますが原因は異なります。

    「寒の戻り」を手紙で使う時の表現方法


    寒の戻りは立春を少し過ぎたくらいの時期に起こる現象なので、
    2月前半頃の時候の挨拶として使われることが多いです。

    たとえば・・・・

      寒の戻りを手紙で使う時の例文

      「寒の戻りで寒さのきびしい頃ですが、いかがお過ごしですか?」
      「寒の戻りで冷え込むことも多いですが、お身体にお気を付け下さい」

    と、いったふうな表現に使います。

    ただ要件を書くだけでは風情に掛けるので、
    こういった時候の挨拶を交えて、
    季節の移り変わりを伝えると日本古来の風習の「味」がでますよね♪

    まとめ


    今回は寒の戻りについて紹介しました。

    立春以降、急に冷え込んだりする日や、
    寒さがぶり返す現象をこのように呼びます。

    時候の挨拶文でも使えますし、
    「寒の戻り」は季語に当てはまるので、
    俳句や連歌に用いることもできますよ。

    機会があれば、ぜひ使ってみてくださいね。
    (^^

    今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ