だるい、眠い、疲れやすい。。病気!?私の場合の原因はコレだった!

3ヶ月ほど前のこととなります。

以前からその兆候はあったのですが、
はっきりと感じ始めたのは、とある仕事を始める朝のこと。

おはようございま~す

出社して、パソコンをつけて「さて、今日も仕事がんばろ。」

と、頭では思うのですが~、

だるい、眠い、疲れた・・・。

頭に手の甲をあててだるそうに目を瞑っている女性

・・・そうなんです。

これから仕事を始めるというのに、なんだかすごく、だるいんです。

しかも、PCでの作業が多いせいか、仕事中すぐに眠くなる
睡眠はちゃんと6時間以上は毎日とってました。

いかん、いかん!

と、ガムを噛んだり、伸びをして仕事を続けるのですが、
ちょっと頑張ると、すぐつかれてしまう・・・。

しまいには、全然動いてないのに、
会社と家の往復をするだけで「ふぅ~っ」ってなってしまう。

しかも、なんだか常時だるくて、たくさん寝ても治らない


これってひょっとしたら病気なんじゃない・・・!?Σ(゚д゚lll)」


従来、楽観的な性格なのですが、
さすがに心配になっていました(^^;


こんな状態が続いたら、間違いなく早死にすることは間違いない

そう感じて、真剣にこの原因を調べてみました。

・・・・・・・

そしたら、意外とわかりやすい原因がちゃんとあって、
そこを改善したら、今はとても快適に毎日を過ごせています(´▽`v)

ということで!

今回は、

  • 体がだるく、眠く、疲れやすくなる原因

  • 原因を発見して改善した私の事例


  • この2つについて、体験談をまじえながら紹介していければと思います。

    同じような環境の方がいらっしゃいましたら、
    ご参考にしていただけますと幸いです(*゚ー゚*)ノ

    それでは、さっそくいってみましょう~。

    まずは原因からっ


    スポンサードリンク




    だるくて眠くて疲れやすくなる原因


    いうても、自分の体のことですからね。

    真剣に調べましたよ(笑)

    まずは、その時にいろいろ調べた、
    だるい、眠い、疲れやすくなる原因について紹介します。

    大きく分けて3つありました。

  • 心的要因

  • 環境的要因

  • 身体的要因


  • 1つずついってみましょう~。

    心的要因について

    1つ目は、心的要因についてです。

    この原因の場合はさらに小分けにして2つ。

  • ストレス

  • かるい鬱


  • この2つですね。

    現代は「ストレス社会」なんて言われていますが、
    過度なストレスを背負ってしまうと、身体にも影響をきたします。

    ストレスの原因で一番多いのは、なんといっても人間関係

    これが心の大きな負担になっているとやがて、

    • あることが心配で夜寝れない ⇒ 睡眠不足

    • あることが心配で食が進まない ⇒ 栄養不足


    と、結果的に、体にも負担を強いることになります。


    これが行き過ぎると、今度はうつ病に発展します。

    軽鬱」なんて言葉も最近ありますが、
    うつ病になると立派な病気。

    心療内科で、薬を処方してもらうのが一番の改善の近道になります。

    ・・・・・・・

    で、私はというと、残念ながら(?)これには当たりませんでした(^^;

    職場での不満はいっさいないですし、
    家庭内で、夫婦の関係もとっても良好です。

    (なんだか・・・すいません・・・・)

    ということで、おそらくこの可能性はナシ!

    次にいってみましょう。

    環境的要因について

    先ほどの、「心的要因」から、「睡眠不足」「栄養不足」を引き起こし、

    ⇒ だるい、眠い、疲れやすい。。

    という状況を引き起こすように、
    この辺の原因の切り分けはなかなかに難しいです(^^;

    ただまぁ、なるべくわかりやすく理由を探るということで、
    次は、環境的要因についてみていきましょう~。

    環境が問題となるケースとしては大きく2つ

  • 睡眠不足

  • 不規則な生活


  • コレですね。

    この2つについては、少し思い当たるフシもありましたヾ(;´▽`A“

    というのも、まずは仕事

    家に帰るのが結構、遅いんですよね。

    よる9時とか、10時とか。

    結果、ご飯を食べるのも遅い時間になります。

    10時とか、11時とか。


    よく、晩御飯を食べるタイミングで

      ベストなのは、18時~19時ごろ!

    って言われていますよね(^^;

    これってやっぱり理由があります。

    というのも、胃にご飯が残ったままで睡眠をとってしまうと、
    それを消化するために、眠りが浅くなってしまうんです。

    結果、良質な睡眠をとることができずに、
    翌朝、体がだるい状態をひきずってしまうわけです(^-^;)h

    当然、眠い状態になりやすくなりますし、
    だるく、疲れやすい状態になります。


    寝る前の食事もそうですが、一気にたくさん食べたりするものヤバイです。

    というのも、寝る前や、一気に物を食べると、
    余分な脂肪やエネルギーが体内に蓄積されます。

    そうすると、悲鳴を上げるのが肝臓

    肝臓が悪くなると、足が重くてだるくなったり、
    疲れがとれず、眠くなりやすくなります。


    ここで出てきたキーワード「肝臓



    おっと、これってなんだか思い当たるフシがありました(^^;


    気になる内容は後で紹介するとして、最後の3つめの原因、

    身体的要因についてみていきましょうか(^^

    身体的要因について

    3つ目となる最後は、身体的要因についてです。

    最初に紹介した「心的要因」のように、
    ものごとには何か原因があって、結果がでます。

    たとえば、過度なストレスを自分に与え過ぎると、
    うつ病」という病気を引き起こしたりします。


    2つめに紹介した、環境的要因も、改善されないまま、
    長い期間を過ごすと、体に悪い症状が出始めます。

    いわゆる「生活習慣病」ってヤツですね(^^;


    特に、仕事や家庭でストレスをためていな私が、
    やたらだるくて眠い状態が続くのはなぜなのか??


    答えは、この身体的要因にありました。

    ズバリ言うと、

    • 運動不足

    • 肝臓の障害


    この2つですね。


    先ほど、「肝臓」というキーワードが出てきましたが、
    私、実は、会社の健康診断でいつも、肝臓の結果が悪かったんですよ。

    肝臓がかなり傷んでいる状態だった!


    で、どんな状態だったのか、という具体的な話なのですが、
    こちら、数年前に行った健康診断の結果です。

    GPT値とGOT値が異常値となっている血液検査結果

    メッチャC判定や、E判定まで出ていますね(^^;

    3列あるうちの、左が正常値となります。

    で、右がこの時の私の数値




    今回は、脂質と、肝機能をピックアップしましたが、
    肝臓の状態を確認する指標となるのが、

  • GOT

  • GPT


  • この2つとなります。


    ちなみに、このGOTとGPT値についてですが、
    ざっくり説明するとこんな感じです。

      GOT値とは

      ざっくり言うと、肝臓の細胞がどれだけ壊れているのかを測る数値。

      本来肝臓の細胞の中にある酵素だが、
      肝細胞がこわれていると、血中に漏れ出るのでそれを測っている。

      血液の赤血球の中や、肝臓の細胞以外のさまざまな筋肉にも存在する。

      GPT値とは

      GPTも肝臓の細胞の中にある酵素。
      肝臓が悪いと、GOT値と共に、この数値も上がる。

      ただ、GOTは肝臓以外の細胞にも存在するが、
      GPTは本来、肝臓の細胞にだけある酵素。

      血液検査でこの数値が異常(基準より高い)ってことは、
      肝臓がかなり傷付いていることがわかる。


    で、コレの思い当たるフシなんですけど、

    5年前くらいに、ネット広告代理店に勤めていたんですが、
    結構、ムチャな生活を送っていたんですね(^^;

    毎日、終電で帰って、夕食は最寄駅のファミレスで、

    • パンチェッタのペペロンチーノ

    • トマトとエビのチーズこんもりピザ

    • コールスローとポテトサラダ


    これを深夜1時に週5で!!

    みたいなね(^^;


    まぁ、今思えば、この時に肝臓を悪くしたのでしょう。

    つい半年前の健康診断でも、このGPT値とGOT値は異常値のままでした。



    で、さすがの私も気になって、何回かお医者さんにもいきましたさ。

    でも、

  • 運動してくださいね~。

  • 規則正しい生活してくださいね~。

  • そのままだとヤバいですよ~。


  • というテンプレの回答が帰ってくるのみ。

    まぁ、体感では体に異常はないし~。

    という甘く考えていました。

    ・・・・・・・

    しかし、つい3ヶ月ほど前から、
    どんどん悪化する、このだるさ、眠さ、疲れ、息切れ

    さすがに「このままじゃマズイな~

    と思って、肝臓の専門医のところに行ってきたところ、

    衝撃の言葉が・・・・ッ!

      お医者さん「あなた、このままだと5年以内に肝臓がんで死ぬ確率30%だよ」

      「・・・・・ファッ!!??


    さすがにビビりました。

    具体的な数字を言われると、妙に信憑性がありますよね。

    追い打ちのように、

    うん、たしかだよ。だって統計で出てるもん

    とのお言葉。

    私「ヒェッ!!

    ・・・・・・・

    そこから、私のこの体調不良と、肝臓を治すための
    1ヶ月に及ぶ試練が始まりました・・・


    スポンサードリンク




    私が行った肝臓治療


    肝臓が痛んでいるのは、肝臓に脂肪がたくさんついているため。
    いわゆる「内臓脂肪」でこれはなかなか落とすことができません(^^;

      通常のダイエットに近いこと



      内臓脂肪を落とすことを意識した生活

    が必要となります。


    とはいえ、やったことと言えば、とってもシンプルですし、
    正常に治すためにかかった期間はたったの1ヶ月だけです。

    で!

    それは、何かというと以下の2つ

  • 1日40分以上歩く

  • 肝臓を健康にする野菜スープを飲む


  • これだけです(^^

    もうちょっと詳しくみていきましょうか。

    1日40分以上歩く

    だるい、眠い、疲れやすいという症状のすべてを改善するのに役立つこと。

    それは・・・

    運動不足の解消


    コレです(^^


    結局、現代人。特にサラリーマンに足りてないのが運動なんですよね(^^;

    これが足りてないと、

      食べた分を消化できずエネルギーが余る


      中性脂肪がたまって肝臓に負担がかかる
      エネルギーが余って夜の眠りが浅くなり寝不足に
      基礎体力が落ちてだるく、疲れやすい体に

    と、まるで良いことなしヾ(;´▽`A“


    ということで、まずはココを改善するために、

    仕事帰りに一つ手前の駅で降りて毎日40分間歩く


    これをやりました。

    要は、肝臓に付着しまくっている脂肪肝を、
    歩くことでエネルギーを燃焼させて減らしたんですね。

    これが1つ。


    で、もうひとつは、すでに付いてる脂肪肝を減らすのではなく、
    これ以上脂肪肝をつけないようにする方法ですね。

    つまり減量

    摂取カロリーを減らすということです(^-^)h


    かといって、無茶なダイエットはやりたくないので、
    至ってシンプルな方法を選択しました(^^ゞ

    それがコチラです。

    肝臓に効果てきめんの野菜スープ

    さて、もう一つの肝臓治療に使ったのがこちら。

      食事の前に野菜スープを飲む

    肝臓を直すのに効果テキメンなコンソメ入り野菜スープ

    これだけです(^^


    簡単に説明すると、ご飯を食べるときに、
    脂や、米や、砂糖などを先に食べるとします。

    そうすると、おなかがすいてる状態だと特に、
    糖分を先に「ぎゅお~」っと体が吸収しちゃうんですね(^^;

    普段、主食にしている米やパンなどの炭水化物がメインで、
    ブドウ糖(要は糖質)が高くなるGA値が高いんですよ。

    要は、過剰なエネルギー源の吸収ですね。

    なので、先に野菜(スープ)を食べることで、
    同じ量を食べても、糖質の吸収が減る上、先に満腹になり、

    結果、食べる量が少なくて済むのです(´▽`v)


    この方法を聞いて1ヶ月、忠実に実践してみました。

    さて、結果は、というと・・・・

    1ヶ月実践した結果

    これがまた、効果テキメンでした(・∀・)!

    先にまとめてしまうと、以下の改善が見られました。

  • 肝臓の数値が飛躍的に改善した

  • 夜、よく眠れるようになった

  • 体重が10Kg減った


  • 「毎日40分歩く」「野菜スープを毎日飲む」

    これを1ヶ月間、忠実に行うことで、
    まず、肝臓のGOT値、GOT値が大幅に下がりました

    コチラが、実践後の肝臓の検査の数値です(^^ゞ

    肝臓のGOT値とGOT値が正常値に戻った血液検査の結果

    メッチャ、基準値圏内ですね(´▽`v)


    後は、毎日歩いたことで、運動不足が解消され
    夜、ぐっすり眠れるようになりました。

    同じ睡眠時間でも、眠りの質が上がったことで、朝、起きたときに、
    眠かったり、だるかったりすることが少なくなりました。


    ちなみに、鬱のケがある場合は、歩くだけではなく、
    太陽に浴びると良いようですね。

    私の場合は、鬱ではないと思ったので、「夜でもいいや」と、
    仕事帰りに、一駅分早く降りて毎日歩きました(^^ゞ


    後は、副次的要因ですが、肝臓の脂肪が落ちるくらいなので、
    普通の脂肪もメッチャ落ちました(笑)

    結果、1ヶ月で10キロの減量に成功しましたヾ(〃^∇^)ノ

    74Kg → 64Kg に減った!


    まぁ、疲れやすい理由のひとつに、

    ただ単に自分の体が重い

    ってのもあったんでしょうねぇε~( ̄、 ̄;)ゞ


    まとめ


    今回は、

  • だるい

  • 眠い

  • 疲れやすい

  • という症状がある時に、疑うべき病気として、
    肝臓にダメージがあるのでは?

    という所に焦点を絞って紹介しました(^^ゞ


    私の場合は、だるい、眠い、疲れやすい原因を考えた時、
    特にストレスは抱えてなかったので、体の器官の不調を疑ってみたんですね。

    そしたら、肝臓がかなり悪い状況であることが分かりました。

    その対策として、

  • 毎日40分歩く

  • 野菜スープを毎日飲む


  • これをやったら、肝臓の数値が1ヶ月でまったくの正常値に戻りました( ̄- ̄)ゞ


    いったん戻ったら、運動を止めても、なかなか太らないし、
    だるくも、眠くもならないし、おかげで疲れにくくなりました(`・ω・´)

    もちろんこれは、私の場合の話であって、
    人によっては、「ストレス」や「うつ病」が原因であることもあるでしょう。

    今回紹介した内容で、上記2点の疑いがあるのであれば、
    すぐに心療内科を受診するようにしましょう~。


    また、私のケースのように、

    ひょっとして肝臓がダメージを受けているのでは!?

    と、思い当たる節がある人は、血液検査をすればすぐに数値でわかります。

    一度チェックしてみてはいかがでしょうか~。

    基本的に、だるさや、眠さは、睡眠時間を確保するのはもちろんですが、
    運動と食事でかなりのことは改善できます。

    いったん、「えいっ」っと、心を決めて改善を試みて、
    それでダメだったら、心的要因をあたってみるようにしましょう~。

    自分の現状を知るのは悪いことではないし、
    マイナスには絶対ならないですからね。


    体調が悪いのは、重い病気にかかる前のサインだったりしますよ!
    手遅れになる前に、まずは今回紹介した改善策を試してみてくださいね!

    すでに症状が重い場合は、すぐに、

  • 心療内科

  • 肝臓に詳しい内科医


  • など、それぞれの思い当たる原因に対して、
    適切な診療を受けるようにしましょう~。


    チェックはお早めに!


    今回は以上です。

    ご参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ