「世知辛い世の中」とはどういう意味?使い方は?

まったく、世知辛い世の中だぜ

ってフレーズありますよね。

なんとなく、おじさんが飲み屋でビールを片手に、

「ああ、つらいぜぇ~」

null

ってイメージは沸きますけど、

実際にどういう意味なの?

と聞かれると、結構答えられなかったりしますよね(^^;


今回はこの「世知辛い」についての、意味使い方について、
ちょっと掘り下げて紹介していこうと思います(^^ゞ


スポンサードリンク




世知辛いの意味とは?


はい。

ではまず、「世知」と「辛い」を分けてみてみましょう。

世知とは

世知とは、「世の中に精通している」という意味があります。

商売などにも使われる言葉で、

世知に長けた人」というと、
世渡りの知恵を持っており、また精通している人

という意味になります。

そこから転じて、

抜け目がないこと」「けちなこと」という意味を持ちます。

世知はいったんOKですね。

では次に「辛い」を見てみましょう~。

辛いの意味は?

さて、この「辛い」。

なんて読みます?

多くの人は「カライ」と読むと思います。

辛いといったらアレですよね。

カラムーチョのヒーヒーばあさんとか、
韓国料理の「カライ~」という味覚を思い浮かべますよね(^^

「辛い」には、もうひとつの意味と読み方があります。

つまり「つらい」ですね。

つらいは文字通り、

とっても苦痛で耐えられないこと

を指します。

痛くてつらいとか、
生きていくのがつらいとか、

そういった意味になりますよね。

世知辛いの「辛い」は、こちらの後者の意味となります。

つまり「世知辛い」とはこれらの情報を総合すると、

    相手のほうが商売上手で自分(もしくは相手)が世渡りをするのが難しい状況

を示しています。

null

たとえば、

「世知辛い世の中だぜ」

というフレーズの裏には、

    自分(もしくは自分たちの環境)は回りに旨く立ち回られて後塵を拝してる状況

が思い浮かびますね。

もともと、「世知」に「けちなこと」という意味を含むので、
金銭に関する事柄も含まれる状況によく使われます。

だから、サラリーマンと飲み屋とくたびれたスーツを
思い浮かべてしまうわけですね(笑)

Sponsored Link


「世知辛い世の中」の使い方は?


このような状況を踏まえ、
「世知辛い世の中」はどういったときに使えばよいのか

いくつか例を挙げてみましょう。

会社で営業がうまくいかないとき

たとえば、仕事をしていて、
お得意さんの取引先が競合会社に取られたとき。

「世知辛い世の中だぜ」

うん。しっくりきますね。

自分の希望がかなえられない時

たとえば、就職活動中に、自分の経歴などを理由に、
入社を断られてしまったとき。

「世知辛い世の中だぜ」

うむ。これもしっくりきますね。

自分の環境がどん底のとき

会社が不況でボーナスがカットされて、
おまけに付き合ってる彼女に愛想をつかされて、
給与が下がって車を手放さなければいけなくなったとき。

うわぁ、どん底ですね。

「世知辛い世の中だぜ」

悲しいほどに、しっくりくる使い方ですね。


スポンサードリンク




豆知識

ちなみに、世知辛いだと、不幸な様子を表しますが、
「世知」だけだと、ポジティブ(?)な言葉になります。

たとえば、「おぬしも世知なヤツじゃのう」というと、

「おぬしも抜け目がないのう」というホメ言葉になります。

一般的にはあまり使われないですけどね(^^;

まとめ


このように、「世知辛い世の中」というフレーズを使うときは、
自分の思い通りに行かなかったり、
お金のせいで、物事がうまく進まない時などに使われます。

渋い言い回しで、ちょっと使いたくなるフレーズではありますが、
あまり多様するのは、避けたほうがよいでしょう。

言われたほうも、

よっぽど不幸な目にばっかりあってるんだな

という目で見られてしまいますからね(^^;

今回は「世知辛い」の意味について紹介しました。

参考になりましたら幸いです(*゚ー゚*)ノ




スポンサードリンク


この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事




コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ