大雨の時の降水量とは?単位の「ミリ」ってなんの数値?定義は?

すごい大雨が降ったりすると、

昨夜より、栃木では1時間に40mmを超える豪雨にみまわれました

てな感じで、テレビでアナウンサーが、
よくニュースで言っていたりしますよね。

null

「なんかすごそうだけど、このミリってなんの単位??」

なんて、疑問に思ったこと、ありません?(^^

40mmって4センチのことですよね。

いったい何が4センチなのでしょうか。

雨の粒の大きさ?
んな、馬鹿な(笑)



スポンサードリンク





ということで今回は、降水量とその単位の意味
また、どうやってその数値が決まっているのか。

大雨の時に表される降水量の意味について解説します。

それではいってみましょう~

降水量とは?


はいっ!

では、まずは降水量の基本的な意味から見ていきましょう。

まず降水量とは、雨のことだけではありません。

一定時間にどれだけの水分が地面に到達したかを
あらわしている単位となります。


雨以外に地面に到着する水分としては、


  • あられ

  • ひょう


  • なども含んでいるんです。

    なので、雨量の少ない北海道でも、
    雪が含まれるの降水量は多かったりするワケですね~(^-^)h

    降水量は雪も含むんでしょ

    と、いうのは知っていた人もいたかもですが、
    ひょうやあられもも含むとはちょっと意外!

    と思った人も多いのではないでしょうか?(^^

    降水量の単位「ミリ」ってなんなの?


    では次に、降水量の単位「ミリ」について。

    これは実は、水深の深さを表す、

    ミリメートル

    のことを言っているんですね(^^

    想定としては、

      もしも平坦な地面に、ほかのところに流れず、
      地面にしみこみもしなかった場合に、
      どれくらいの深さになるのか。

    について表しているのです。

    たとえば、1日200ミリメートルの降水量といったら、

      もしも地面がすべて平坦な鉄でできていたら、
      その地域は、水深20センチの深さの水がたまる。

    という意味になるわけです(^-^)h

    で、主にニュースでは主に、1時間あたり
    平均水位が何ミリ増えるか。

    という単位で、降水量を表現しているのです。

    40ミリとかだと、

    何だ、たった4センチじゃん

    なんて思うかもしれませんが、
    1時間あたり40ミリって言ったらかなりの豪雨です(^^;

    実際は、水は高いところから低いところに流れますからね。

    たとえば、

    1キロ平方メートルのところに、
    横幅50メートルの川が流れていました。

    そこに1時間40ミリの大雨が降りました。
    その雨が、すべて川へ流れ込みました。

    すると・・・

    川以外の面積部分の雨はすべて川に流れ込むので、

    4センチ×20 = 80センチ

    その川は、1時間で80センチ水位が上がるわけです。

    もし10時間、降り続いたら場合、
    この条件化だと、水位は8メートル上昇です。

    恐ろしい豪雨ですよね(^^;
    なんとなく想像できましたでしょうか?(^^

    null

    では、次に、どうやって降水量を
    測定しているのかについてもみてみましょう。


    スポンサードリンク




    降水量の測定方法


    降水量の測定方法について。

    どうやって図っているかの
    答えを先に言ってしまうと、機械です。

    気象庁が全国に設置した機械で降水量を測って、
    そのデータを各報道局に提供しているんですね(^-^)h

    アメダスにも設置している有名な測定器は、
    転倒ます型雨量計」と呼ばれています。

    この機械は、上のほうがラッパの口みたいになっていて、
    そこから集めた雨を「ししおどし」のような器具に貯めます。

    null

    で、その機械に0.5mm相当の雨がたまると「カタン」と倒れて、
    その情報を気象庁などに情報を送るのです。



    ニュースなどでやっている降水量は、

    1時間内に、この「ししおどし」のような機械がどれだけカウントしたかで、
    降水量の測定結果を発表している、というワケなんですね~(^-^)h

    降水量の表現方法について


    ちなみに、ニュースで報道するときなどに、
    降水量の表現方法もバラバラにならないよう、統一されてます。

    こちらは、その表現方法の一覧です。

    表現方法 降水量
    やや強い雨 10mm以上20mm未満
    強い雨 20mm以上30mm未満
    激しい雨 30mm以上50mm未満
    非常に激しい雨 50mm以上80mm未満
    猛烈な雨 80mm以上

    激しい雨は、バケツをひっくり返したように降る雨。
    猛烈な雨は、恐怖を感じるほどの雨。

    という感じです。

    ちなみに、

    日本での過去最高の1時間降水量最大を記録した日は、以下のとおり。

    時期:1999年10月27日
    場所:千葉県香取
    降水量:1時間に153ミリメートル

    時期的にも、さながら世紀末、
    という様相だったかもしれませんね(^^;

    まとめ


    今回は、降水量の単位と、その定義について紹介しました。

    なんとなくニュースとかで

    おお~、大雨だね~

    と見ている情報も、実はいろいろな決まりや、
    仕組みがあって決められているんですよ(^^

    だいたい、時間雨量が30mmを超えると、
    大雨警報が発令されたりし始めます。

    最近はゲリラ豪雨などで、急に川が増水したりするので、
    ニュースで大雨警報が出たりするようなときは、
    近くの川には近づかないようにしましょう~。

    と、いうことで、今回は以上です。
    参考になりましたら幸いです。

    (*゚ー゚*)ノ




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ