作文の書き方!小学生でも素敵な文章が書ける3つのコツ

小学校で休みに入ると良く出る宿題といえば?

・・・・そう、作文!ですよね。

作文の宿題ってかなり、「これ、苦手~」って人が多いですよね。

null

ちなみに私は、小学生のころから、作文だけは得意でした。
他の教科の成績はトップシークレットなくらいヤバいですけど(笑)

小学6年生のころにクラスで取り組んだ、
卒業論文の原稿用紙の作成枚数でも、
クラスで1番の人と1位、2位を争ったものです。

(つ_-)。οΟ(ナツカシー)

さて、そこで今回は、作文の宿題が出たけど

    「昨日は遠足に行きました。楽しかったです。」

    ・・・・・・完!!!

という状態から1歩も先に進むことが出来ずに、
机に突っ伏してうなっている、そんなあなたの為に

作文をすらすらと書いていくためのコツを紹介します。

作文を書くときのコツはズバリ3つ!

  • ストーリーを作る

  • 自分の気持ちを盛り込む

  • 擬音語(ぎおんご)入れる


ということなんですけど、コレだけ言われたって、
よくわからないですよね(^^;

ということで、例文なども交えながら、
具体的に解説していきますよっ

それでは、さっそく詳しく見ていきましょう~。


スポンサードリンク




ストーリーを作って物語ふうに作文を書く


1つ目のコツは時間順に書くことを並べるということです。

と、いっても、別に小説のような物語ふうにする必要もないし、

「そこで私はついに・・・運命の人と出会いました!!」

なーんて、ヘンなテンションで盛り上げる必要もありません(笑)

そうですね~。言い換えると、
作文を書く前に、書くことを整理して順番にまとめる

ということです。

たとえば遠足の作文であれば、

  • 遠足の日の朝のこと

  • 集合した時のこと

  • 遠足に向かう最中のこと

  • 目的地に到着したときのこと

  • 遠足の途中にあった出来事

  • 帰り道のこと

  • 遠足から帰ってきて


  • という感じですね(^-^)h

    上から順番に、朝→昼→夕方と、
    時間の順番になっているのに気がつきました?(^^

    このように、遠足の日のことを、その日に自分が経験した順番に並べて、
    そのときその時の状況を自分なりに書いていけば、

    原稿用紙の数枚なんて、あっという間に埋まってしまいますよ(^^

    とはいえ、これらのことを淡々と書いていっても、
    あまり面白い作文にはなりません。

    次の項目では、あなたの作文を読んだ人が
    おおーーッ」と関心しちゃうコツを紹介します。

    null

    自分の気持ちを盛り込む


    次のコツは、作文に自分の気持ちを盛り込む、という方法です。

    先ほどの例で、一番最初に

    「遠足の日の朝のこと」という項目がありましたよね?

    たとえば、このシーンの時にあなたは、

    • 遠足を楽しみにしていたのか

    • 遠足には行きたくなかったのか

    • 朝、準備ができてなくてあせっていたのか

    • お母さんがお弁当を作ってくれて嬉しかったのか




    などなど、その時に感じてた自分の気持ちを思い出してみましょう。

    朝のことだけでなく、これは他のシーンでも使えますよね?

    • 遠足に向かう時にどんな気持ちだったのか

    • 目的地について、どう思ったのか

    • 遠足から帰るときにどんな気持ちになったのか




    こういった、自分の気持ちをそれぞれのシーンに入れていくことで、
    ただのできごとがならんでいただけだったのが、
    あなただけの作文となり、作文が生き生きとしてきます

    この方法を使えば、原稿用紙はあっという間に、
    2枚、3枚と文字でうまっていってしまうはずですよ(^-^)h

    次はラスト、ちょっとむずかしいテクニックですよぉ


    スポンサードリンク




    擬音語(ぎおんご)入れる


    さいごはちょっと上級者向けのテクニック(技)です(^^
    その方法とは、作文の途中に、擬音語(ぎおんご)を入れる方法です。

    擬音語というのは、実際の音を文字にすること

    たとえば、猫の鳴き声は「ニャー」だし、
    犬の鳴き声は「ワンワン」っていいますよね。

    台風の風は「ヒュー、ガタガタ」って書くことが出来るし、
    お皿を割っちゃったら「ガチャーン!」と書けます。

    これを、作文に盛り込んじゃうんです♪

    じゃあ、わかりやすくを挙げてみましょう。

      例 1)

      山を歩いていくと川がありました。
      僕たちはその川で遊びました。

    どうですか?

    うーん。問題はないんだけど・・・
    なんだかつまらないですよね。

    そこで、さっきの擬音語を入れてみます。

    null

      例 2)

      よいしょ、よいしょ!」と急な上り坂の山を登っていくと、
      森が開けたところに草原がパァーっと広がっていました。

      そこには、太陽の光が反射してキラキラと光る、
      冷たくて気持ちがよさそうな川がさらさらと流れていました。

      僕たちは、嬉しくなって「わーっ」と叫びながら、
      川のほうに向かっていきました。

      先生が「川の中に入っちゃダメだよ」と言ったので、
      ○○ちゃんと一緒に、冷たい水が流れている川に手を入れて、
      チャプチャブと水のかけっこをして遊びました。

    さあ、どうですか?

    同じことを言っているようでも、
    後から書いたほうが、状況がありありと目に浮かぶようですよね。

    2つ目の例文の黒文字で濃くなっている部分は、
    先ほど紹介した、擬音語が使われています。

    ところどころに、擬音語を入れていくことで、
    作文をいきいきとした文章にすることができるのです(^-^)h

    これも作文の大事なテクニックの1つなので、
    ぜひとも使いこなしてみてくださいね!

    まとめ


    今回は、「作文の宿題がぜんぜんすすまなぁい!」という人の為に、
    作文を上手に書くコツについて紹介しました。

    さぁ、復習しますよ~

    作文を書くコツは3つ!

    なんでしたっけー、覚えているかな??

    • 書きたいことを時間の順番に並べる(ストーリーを作る)

    • ところどころに自分の気持ちを盛り込む

    • 「ドキドキ」「ぎゅっと」などの擬音語入れる



    この3つでしたね(^^

    読書感想文でも、なにかをテーマにした作文でも、基本的には一緒です。

    たとえば、読書感想文であれば、

    • その本を選んだ理由

    • 読み始めてみてどう感じたか

    • 本には何が書かれていたか

    • 一番盛り上がった(心に残った)ところはどこか

    • 読み終わってどう感じたか




    など、自分の気持ちを読む前から読んだ後に向けて書いていけばいいし、

    何かについて調べて作文を書く宿題がでた場合でも

    • なぜそのことを調べようと思ったか

    • どうやって調べたのか

    • 調べてみてどうだったか、どう思ったか

    • わかったことはなにか

    • 今回、取り組んでみてどう思ったか、どうなりたいか




    などを最初→最後に向けて項目を作って書いていけばOKだよ!

    今回は以上です。
    お役に立てたかな??

    こんな作文の宿題が出たんだけど、
    どうすればいいんだろう???

    なんて困っている場合は、
    遠慮なく下のコメントから書き込みしてね!

    管理人が思いつくアドバイスを、
    こっそり教えちゃうよ(笑)

    それでは、作文の宿題、がんばってね!
    (*゚ー゚*)ノシ




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ