警察に落し物の問い合わせ!まずは届出をチェック

落し物しちゃった時ってあせりますよね~。

「あれっ!!?さっきまで持ってたのにないっっ!」

なんてこと、私もしょっちゅうあります(^^;

たいがい、かばんをひっくり返せば、
見つかったりするものですけど。

いっしょうけんめい探して、それでも見つからないようであれば、
いよいよどこかに忘れたか落し物な可能性が濃厚・・・。



そんなときは、あわてずに、
落し物が見つかる可能性を高めることが大事!

そこで今回は、

  • 落し物をした時にすべきこと

  • 警察に落し物が届いてるか調べる方法

  • 遺失物センターについて

  • 落し物が見つかった時のお礼について


について紹介していきます。

慌てず、騒がず。
まずは読んでみくださいねっ。

では、さっそくいってみましょう~。


スポンサードリンク




落し物はどうなるのか


まずは、落し物はどうなるのかを見てみましょう。

一番多いケースは、交番に届けられること。

免許証が入っているお財布など、
住所がわかるものについては、警察から連絡がきます。

落とし主がわからないものについては、
遺失物センターに送られます。

多いのは電車の中の忘れ物。
電車内と、警察への届出で約1:1。
若干警察への届出のほうが多いくらいです。

これらのすべての落し物データは、
拾った人からデータベース化され、
遺失物センターに3ヶ月間保管されます。

3ヶ月間たっても、落とし主が見つからない場合は、
拾い主のものになるか、国のものになります。

落し物をしたらどうすればよいのか


では、実際に落し物をした時に、
どうしたらよいのかについてみてみましょう。

まず、やらなければいけないことは、
最寄の交番などに行って、落し物の届け出をしましょう。

そうすることで、落し物データから検索して、
すでに届出があれば、照合して見つけてくれます。

その時に注意したいのが、
なるべく具体的な内容を届け出ること。

  • どこで落としたのか

  • いつ、どのタイミングから無いと気づいたか

  • 特徴を詳しく(型番、色、形状、大きさ、メーカー、など)


  • これを詳しく書いておくことで、
    見つかる可能性がかなり変わってきます。



    落し物を探す方法


    警察に届けたら「待ち」の状態になるのですが、
    その間にできることもあります。

    次に、具体的な方法について紹介します。

    電車内で落とした場合

    電車に乗っていて落としたときは、
    各電車の鉄道関係遺失物センターに
    問い合わせてみましょう。

    私鉄含む各線センター問い合わせ先

    どこで落としたのかわからない場合

    どこで落としたのかわからない場合は、
    各都道府県の警察署に問い合わせてみましょう。

    交番に届けられて、書類が受理されていれば、
    インターネットの検索ページから探すことができます。

    都道府県警察における遺失物の公表ページ

    それでも見つからない場合

    電車の遺失物センターに問い合わせても、
    警察の遺失物センターに問い合わせても、
    落し物が見つからない場合。

    念のため、以下のサイトでも登録してみましょう。

    ちょっとでも見つかる可能性を高められると思います。

    落し物ドットコム

    落し物をしてしまったときに、
    すべきことは以上です。

    だれかが届けてくれさえすれば、

  • 現金であれば、70%の確立

  • 品物だと、20%の確立


  • で落し物は持ち主の元へ返るそうです。

    どうか無事見つかりますように(-人-)


    スポンサードリンク




    落し物が見つかった場合


    最後に、落し物が見つかった場合について。

    お財布など、貴重なものを落としてしまって、
    見つかるとうれしいですよね!

    実は、落し物をした人は、見つけてくれた人に、
    報労金を支払うという法律があるのです。

      遺失物法(報労金)28条

      落し物主は、5%~20%報労金を
      拾得者に支払わなければならない。

    中学生のころの学校帰りに、7万円の
    現金が入ったお財布を拾ったことがあります。

    警察に届けたら、10日後くらいに落とし主が家に来て、
    1万円の謝礼をもらったことがあります。

    アレって、もちろんお礼の意味もあったんでしょうけど、
    法律でも決まっていたんですねぇ~。

    今回は、落し物をしてしまった時に、
    出てきやすくするための対処方法について紹介しました。




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ