真の友情とは?英語の名言から学ぶ、3つの友達の条件

友達って難しいですよね。

俺達って、友達だよな!
お、おう!



本当にそうですか?

口先だけでは、なんとでも言えてしまいます。

では、真の友だちとは、どういうものなのでしょう?
本当の友達になるには、どうすべきなのでしょう?

なんて、悩んでしまった時は!

昔の偉い人たちが、友達のあり方について、
ありがたい名言を残してくれています。

ワールドワイドに英語なのですが、今回は、
友達のあり方についての名言を3つ紹介します(*゚ー゚*)ノ

いきなり訳を見ず、まずは英文を読んでみて、
言葉の奥行きを味わってみてくださいね

さっそくいってみましょう!


スポンサードリンク




ソローの名言



    先に覚えておこう


単語の意味

friend:友達
simply:簡単に、単純に

    The most I can do for my friend is simply to be his friend.

    意味:友人のために私ができる一番のことは、ただ友人でいてあげること。
これは、アメリカの作家として有名な、
ソローによる名言です。

ソローは、自然と触れ合う野外活動が大好きで、
今も一部のアウトドア好きにはファンが多いんですよ(^^

本名は、ヘンリー・デイヴィッド・ソローといって、
19世紀の前半に生きた人です。

そのころのアメリカは、まだ奴隷制度が残っていました。

この奴隷制度が「これはおかしい!」と、ハッキリ言った人で、
奴隷制の税金を拒否して、投獄されたりもしています。

その知名度と、思想は多くの人に影響を与え、
インドのカンディーや、奴隷解放運動を行った、
キング牧師などにも、影響を与えています。

そんなソローの、友達に対してどうするべきかを語った名言がコチラ。

The most I can do for my friend is simply to be his friend.

The most I can do 私にできる一番のこと
for my friend 私の友達に対して
is simply とってもシンプルだ
to be his friend 彼の友達でいることだ




グッ」ときませんか?

to be his friendですよ!?

何をしてあげたとか
助けてあげるとか
協力してあげるとか

そういう事の前に、ただ、ともだちで「いてあげる」ことが、
いちばんシンプルで大事なことだとソローは言っています。

コレって結構むずかしいことで、

学校を卒業しちゃったら、会わなくなった。とか
趣味が一緒だったけど、飽きたら会わなくなった。とか

結構ありますよね~。

何十年も「ただ、友達でいられる」人っていうのは、
なかなか得がたいものです。

昔、スゴイ仲が良かった友達とか、いますか?

たまには、連絡を取ってみて、ただ単に友達で
いることを実行してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク




ソクラテス



    先に覚えておこう


単語の意味

faithful:忠実な
praise:ほめる、称える
kindly:親切な、思いやりのある
reprove:しかる、とがめる、非難する
fault:欠点、短所

    Think not those faithful who praise all your words and actions; but those who kindly reprove your faults.

    意味:あなたのすべての言動をほめる人ではなく、欠点を指摘してくれる人
    こそが信頼できる。
これは、古代ギリシャの哲学者として有名な、
ソクラテスによる名言ですね。

ソクラテスは、同じく古代ギリシャの、
アリストテレスプラトンのお師匠さま。

貧乏生活をして、当時のえらい人に「無知はあかん!」と言ってまわり、
反感を食らって、死刑にされてしまった人です。

不正を嫌い、脱獄も可能だったのに、
「単に生きるのではなく、善く生きる」と意志を貫き、
自ら死刑を受けることを選んだ強い人なんです。

そんな、権力に逆らって、ズバズバと歯切れの良い
物言いを行った賢人ソクラテスの、友達に関する名言はコチラ。

Think not those faithful who praise all your words and actions;
but those who kindly reprove your faults.

Think not those それらのことを考えるべきではない
faithful 忠実な人たちを
who praise all your words and actions あなたの言動のすべてを称賛する
but those しかし、考えるべきである
who kindly reprove your faults 親切にあなたの欠点を指摘してくれる人を

自分に厳しい、ソクラテスならではの言葉ですねー。

自分に対して、「あなたが正しい、カンペキだね」と言っている人は、
権力にこびへつらってるか、何も考えてない可能性があります。

でも、「そこは直したほうがいいよ」とか、
「そこがあなたのいけないところ」などと、

助言してくれる人はとても貴重です。

なぜなら、争いになったり、嫌われたりするリスクを恐れずに、
あなたのためのを思っていってくれるからですね!

もちろん、ただ単に嫌われてるとか、
ウマが合わない、なんてこともあるかもですが(^^;

友達から、あなたの欠点を指摘されたら、
反発せずに、その理由を良く考えて見ましょう。

ひょっとしたら、その友達とあなたは、
ベストフレンドになれるかもしれませんよ!

ヘミングウェイの名言



    先に覚えておこう


単語の意味

way:方法、道
trust:信用する
somebody:だれか

    The best way to find out if you can trust somebody is to trust them.

    意味:あなたが誰かを信頼できるかを見出したい時の一番良い方法は、彼らを信頼してみることだ。
これは、20世紀初頭に活躍したアメリカの小説家、
ヘミングウェイによる名言ですね。

ヘミングウェイは、世界大戦にも参加していて、その経験を元に、

誰がために鐘は鳴る
武器よさらば

などの名作を生み出しました。

そんなヘミングウェイの名言はコチラ。

The best way to find out if you can trust somebody is to trust them.

The best way 一番良い方法
to find out 見出すための
if you can trust somebody もしあなたが誰かを信頼したいなら
is to trust them それは彼らを信頼することだ

日本のことわざ、

虎穴にいらずんば虎子を得ず

にちょっと似てますね(^^

「友達」というのも、結局は信頼関係

相手を信用していなければ、
相手から信用されるはずもありません。

まずは相手の懐に飛び込んでいくことで、
きっと、良い友人関係が築けるようになるでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回は、友情に関する英語の名言について、
有名なものを3つ、紹介しました。

もう、訳を見ないでも言えるようになりましたか?(^^

ソロー
The most I can do for my friend is simply to be his friend.

ソクラテス
Think not those faithful who praise all your words and actions; but those who kindly reprove your faults.

ヘミングウェイ
The best way to find out if you can trust somebody is to trust them.

友達って、実は定義があいまいだったりしますよね。

本当の友達とはなんなのか。
本当の友達になるには、どうしたらよいのか。

今回の記事がそんな悩みの助けに、
少しでもなったならば幸いです。

今回は、このへんで失礼します。
(*゚ー゚*)ノ




スポンサードリンク


この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

  • LINEで送る

おすすめ記事




コメントを残す

CAPTCHA





サブコンテンツ

このページの先頭へ