まぶたの痙攣!片目がピクピクする原因は?何科を受診?

まぶたがピクピク痙攣する!



ってこと、よくありますよね。

普通、ほおって置けばそのうち治るけど、
定期的にピクピク、ピクピクってすると・・・

ひょっとして何かの病気かしら?

って心配になることってありません?


スポンサードリンク




実は、まぶたが痙攣する原因によっては、
深刻な病気になっている場合もあるんです!

そこで今回は、まぶたが痙攣する場合に、

  • 何が原因なのか

  • どういう病気があるのか

  • 病院にいく場合、何科を受診すればよいのか



  • について紹介します。

    さっそくみてみましょう!

    まぶたが痙攣する原因は?


    まぶたが痙攣する原因には、
    以下のことが考えられます。

  • 眼精疲労(がんせいひろう)

  • 眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

  • 片側顔面痙攣(かたがわがんめんけいれん)


  • おっと、なんだか怖い病名のものが含まれていますね。。

    それでは、それぞれについて、どんな症状なのか、
    何が原因なのかを見ていきましょう~。

    眼精疲労


    まずは、症状が軽い場合
    一番多いのが眼精疲労です。

    ただ単に、まぶたの下や上がピクピク痙攣するのが、
    1日に数回、5分~10分程度ある場合、

    そんなに危険な症状ではありません。

    眼精疲労の原因は?

    では、眼精疲労により、まぶたが
    痙攣する原因とはなんなのでしょうか。

    仕事でパソコンに長時間向かったり、
    読書や、ゲーム、勉強などもそう。

    目を酷使することで、目が疲れて、
    まぶたの上や下が、ピクピク痙攣します。

    よく目を休めて、休養をとれば、
    1週間以内には症状は治まることが多いです。

    眼瞼ミオキミアについて

    病名としては、眼瞼ミオキミアと言います。
    ピクピクの原因はこれがほとんどですね(^^

    原因は、目の疲れストレスなので、
    疲れが取れれば、数日~1週間ほどで自然に治ります。

    改善方法は?

    とはいえ、いつまでも自分の意思とは別に、
    まぶたにピクピクされるとうっとおしいですよね。

    早めに症状を改善する方法を紹介します。

    十分な睡眠をとって、カシスブルーベリーなど
    目に良い健康補助食品や、ビタミンを補給しましょう。

    あとは寝る前に目のマッサージをしましょう。
    目を軽く押さえるのを数回繰り返します。

    肩こりが原因の場合もあるので、
    ストレッチなども有効ですよ(^^



    何科を受診したらいいの?

    このような症状で、数日たっても症状が
    悪化していくようであれば、眼科を受診しましょう。

    まばたきのテスト針筋電図検査で、
    詳しい状況をチェックしてくれますよ(^^

    眼瞼痙攣(がんけんけいれん)


    次に症状が重い場合です。

    可能性としてあげられるのが、
    眼瞼痙攣(がんけんけいれん)です。

    眼瞼痙攣の特長として、
    まぶたがピクピクするだけでなく、

  • テレビやパソコンがまぶしい

  • 目を開けているのがつらい

  • 目が自然に閉じてくる

  • まばたきが増えた

  • 目がやたらと乾く


  • など、目を使うことに対して、
    さまざまな不便な症状が出てきます。

    この病気は「まばたきの制御異常」で、
    まぶたを閉じたり開けたりする働きの異常なのです。

    眼瞼痙攣の原因は?

    ではこの、眼瞼痙攣の原因とはなんなのでしょうか。

    これらの症状がある場合は、症状としては目なのですが、
    実際は目の開け閉めや、筋肉を調整する脳の異常です。

    なので、ピクピクを収めようとして、
    マッサージをしたり、

    目が乾くからといってドライアイ用の
    治療をしてもまったく良くなりません。

    40歳以上の女性がかかりやすく、
    女性は男性の2~3倍の頻度で発祥します。

    何科を受診したらいいの?

    このような症状があった場合、
    何科を受診したらよいのでしょうか。

    答えは、この場合も眼科です。

    眼瞼痙攣は、軽い症状も合わせると、
    日本だけで数十万人以上いるといわれています。

    眼科でもメジャーな病気なので、
    適切な判断をしてくれるでしょう。



    できれば、経験や、データが豊富な、
    大きな総合病院で見てもらうことをおすすめします。

    まぶたの痙攣の原因が眼瞼痙攣だった場合は、
    おそらくボツリヌス療法をしてくれるでしょう。

    ボツリヌス療法とは?

    ボツリヌス療法とは、まぶたがピクピクと、
    緊張している筋肉を麻痺させる治療方法です。

    ピクピクは筋肉の緊張で起こるので、
    ボツリヌストキシンを注射して、
    痙攣の症状を改善させます。

    A型ボツリヌスは毒素なのですが、口から入って、
    腸からいっぱい吸収しなければ中毒症状はでません。

    1回の注射による効果も、約3~4ヵ月と、
    持続時間も長いため、最近普及してきています。

    なお、この治療法を実施するためには、
    この治療法の実施許可を得た専門医が必須です。


    スポンサードリンク




    片側顔面痙攣


    こちらも症状が重い場合。
    顔面神経麻痺の場合があります。

    麻痺といっても、いきなり顔の
    感覚がなくなるわけではありません。

    初期症状として、目をつぶるための筋肉が
    収縮と弛緩を繰り返し、ピクピクします。

    最初は、目に違和感があるだけですが、
    そのうち、口の開け閉めや、笑うときなど、

    顔の筋肉が一部分、勝手に動いたりします。

    目のピクピクから額や頬、口に違和感が、
    じょじょ広がってきたら、要注意です!

    この片側顔面痙攣を疑ってみましょう。

    に違和感を感じたり、味覚がおかしくなったり
    (一部、舌が味を感じない)することもあります。

    片側顔面痙攣の原因は?

    片側顔面痙攣の原因で一番多いのが、
    脳から出ている神経が動脈とぶつかる場合。

    顔を動かす神経と痛みの神経は別なので、
    痛みはまったく伴いません。

    また、血管ではなく、腫瘍などが、
    神経にさわってしまってることもあります。

    何科を受診したらいいの?

    このような症状が出た場合は、
    総合病院の神経内科を受診しましょう。

    治療方法としては、

  • 脳外科医に神経と血管がさわらないように手術する

  • ボツリヌス療法


  • の2パターンが考えられます。

    まとめ


    今回は、片目のまぶたがピクピク痙攣する場合に、
    どのような原因が考えられるのかについて紹介しました。

    普通にまぶたがピクピクするだけであれば、
    数日様子をみても大丈夫でしょう。

    気になるようであれば、眼科を受診しましょう。

    ピクピク以外に

  • 目の開閉や機能の異常

  • 目の痙攣以外に顔の機能の異常



  • などが現れたら、目の疲労以外の、
    病気になっている可能性があります!

    違和感を覚えたら、早めにお医者さんに
    みてもらうようにしましょう~。

    原因と症状を一覧にまとめておきますので、
    参考にしてくださいね!

    症状についてまとめ

    病名 症状
    眼精疲労 まぶたが痙攣する
    眼瞼痙攣 テレビやパソコンがまぶしい
    目を開けているのがつらい
    目が自然に閉じてくる
    まばたきが増えた
    目がやたらと乾く
    片側顔面痙攣 まぶたが痙攣する
    おでこが痙攣する
    口の周りが痙攣する
    寝てるときでも痙攣する
    ピクピクと一緒に耳鳴りがする
    耳に違和感を感じる

    治療法と受診科についてまとめ

    原因 治療法 何科を受診?
    眼精疲労 栄養をとりよく休む 眼科
    目のマッサージをする
    眼瞼痙攣 パーキンソン薬の服用 眼科
    ボツリヌス療法
    片側顔面痙攣 脳外科手術 神経内科
    ボツリヌス療法
         




    スポンサードリンク


    この記事が「タメなった!」場合はこちらのボタンからシェアをお願いします!

    • LINEで送る

    おすすめ記事




    コメントを残す

    CAPTCHA





    サブコンテンツ

    このページの先頭へ